もし、バレンタインデーにチョコを渡しそびれたら!?

なんらかの事情で、バレンタインデーにチョコを渡せなかった、交際クラブ・デートクラブの方にもいるではないでしょうか?
しかし、そんなときこそチャンスかもしれません。
「どうしても、チョコレートを渡したかった!」という切実な思いが伝わるからです。
バレンタインデーにチョコを渡すのは相手に好意を伝えるのが目的です。
バレンタインデーに渡せなかったとしても、勇気を出して渡しましょう。
バレンタインデーにチョコを渡しそびれた場合、あとで渡すタイミングと、渡し方についてご案内します。

チョコを渡すタイミング

バレンタインデー後、1週間以内に渡してください。
1週間以上過ぎてしまうと、間が空きすぎて「何をいまさら……」となってしまいます。
クリスマスの場合を考えてください。
お正月近いのに「クリスマスケーキ作った」と言われても、うれしくありませんよね?
バレンタインデーの後にはホワイトデーがありますので、「ホワイトデーのお返しが面倒くさい……」 と思われてしまう場合もあります。
2~3日後であれば、バレンタインデーにチョコレートをもらえなかった人ならうれしいでしょう。
チョコをたくさん受け取っている人の場合、遅れたことで意識してもらえるかもしれません。
チョコレートを受け取る側の事情も考える必要もあります。
男性は、バレンタインデーにチョコをもらうことばかり考えているわけではありません。
仕事が忙しくて、バレンタインデーどころじゃない人もいるでしょう。
時間が取れるのであれば、「遅れてしまったバレンタインデーチョコを渡したいから会ってほしい」と説明してください。
サプライズを押しつけると、忙しい人を怒らせてしまう場合があります。

チョコの渡し方

チョコを渡すのは、ふたりのときにしましょう。
まわりに人がいると、何かトラブルが起こった場合に説明が難しいです。
遅れている上にトラブルまで発生したら、対処しきれません。
まず、渡す場所を選んでください。
静かなところであれば、落ち着いて渡せるのではないでしょうか。
「バレンタインデーは忙しくて時間が取れなかったけど、バレンタインデー後なら会えるから、そのときに渡したい」 とハッキリ伝えましょう。

チョコを渡す際に気をつけること

チョコを渡す際、「遅れてごめんなさい……、よかったら食べてください」と、謙虚な気持ちでお渡しください。
テレ隠しで、「チョコが余っちゃって……」などと言って渡すと台無しです。
勘ぐるタイプの男性だと、「本命に渡そうと思って渡せなかったチョコが、俺に回ってきたのかも!?」 などと裏読みされる場合もあります。誠意を持って渡しましょう。
「渡そうと思って買ったけど、バレンタインデーの当日、どうしてもほかの用事があって渡せなかった……」など、 事情がないと、説得力がありません。
あれこれ説明するより、バレンタインチョコにメッセージカードを添えて、 「遅れてごめんね」のようなメッセージをつけましょう。
その方が確実に気持ちが伝わります。
バレンタインデーの当日までに忙しくてチョコレートを購入できなかった場合は、ほかのお菓子を贈るのもいいでしょう。
甘いものが好きじゃない男性には、せんべいやおつまみなどを可愛くラッピングして贈るのもありです。
チョコ以外を贈る場合は、「甘いもの嫌いだよね?おせんべいにしたから食べて」と説明してください。
説明がないと、相手に誤解されるおそれがあるからです。

▲TOPへ