恋愛が終わる時のサインとはどんなもの?

カップルには別れがつきものです。

もちろん 別れることなく結婚まで至るカップルもたくさんいますが、全体の半数以上といってもいいほどのカップルが恋人との別れを経験したことがあります。
別れる時の形というのはカップルによって様々ですが、遠距離恋愛で徐々に連絡がなくなったり、自然消滅していくような形であったり、喧嘩して連絡を取らなくなったとか、片方が相手の連絡を無視するようになったとか、お互いがきちんと話し合って納得した上で別れるというカップルもいます。

悔いが残るような別れ方でないのであれば次の恋愛に進むことも容易かもしれませんが、後味が悪い別れ方だったり、別れた後も度々会うような曖昧な別れ方だったりするとなかなか歯切れが悪く、次の恋愛に気持ちが向かないと言うことにもなりかねません。

また、人によっては相手が別れたがっているのにそのサインに気づかないという場合さえあります。
別れたいのに気づいてもらえない方の恋人はしんどいだけですし、気づかない方の恋人もどうしてうまくいかないのだろうかと頭を悩ませているかもしれません。

そんな苦しい恋愛をしないためにも、恋愛が終わる時のサインを見逃さないようにしなければなりません。

ではここから、恋愛が終わる時のサインとはどんなものなのかについて具体的にご紹介していきたいと思います。
是非参考にしてみてください。


1、連絡の取り方が変わる

恋愛関係が終わる時のサインというのは如実に現れるものです。

一番わかりやすい方法としては、連絡の取り方が変わったり、連絡の頻度が極端に少なくなったりすることです。
取り方が変わるというのは、今まで使っていた連絡ツールと違いが見られた時には危ないサインです。


好きな人の声を聞きたいと思うのは当然のことですが、今まで1日一回は電話で話していたのに、忙しいからとか電話疲れるからなどの理由でLINEだけになったり、短いメールだけで連絡終わらせようとするなど、少しそっけない態度が見られるようになったなら何か心境の変化が恋人にあったと気づくのが普通でしょう。


もちろん本当に仕事で忙しすぎたとか、時間が取れなかったなどのこともあるかもしれませんが、 それは一時的なものですからある程度の期間続くのであれば相手は あなたとの恋愛関係を終えたいと思っているサインを発しているのかもしれません。


2、次のデートの約束をしたがらない

次によく見られるサインとしては、次のデートの約束をしたがらないという点です。
簡単に言ってしまえばあまり会いたくないと言われているのと同じなのです。

ちょっと鈍い人だと、忙しいのかなとか、疲れているのかなとか、少し距離を置きたいのかななどと楽観的にとらえる人もいるようですが、本当に好きな人であればどんなに疲れていてもちょっとの時間だけでも会いたいと思うものですし、顔だけでもみたいと思うのが普通です。

忙しいことや疲れていることを理由に会えないと言われるのであれば、もしくはデートの予定を立てられないと言われるのであれば、それはあからさまに会う回数を減らそうと思っている恋人からのサインに違いありません。


3、あまり質問してこなくなる

恋人と別れようと思う時には、衝動的なときとずっと前から考え続けていた計画的なものがあります。
衝動的な時というのは、 喧嘩して頭に血が上っている時や恋人の言動が原因で怒りがたまっている時にもう耐えられないと思って別れると口にする場合です。

この場合もずっと怒りがたまっているならば、別れたいという気持ちが消えることがないかもしれませんが、怒っている時だけそのように感じていたのであれば怒りが冷めればその気持ちも落ち着くという場合もあります。
どうして別れるなんて言ってしまったんだろうと後悔する場合さえあるでしょう。

問題なのは、長い期間をかけて別れようかどうしようか迷っているという状態の時です。
これはとても冷静に考えていることが多く、性格が合わないとか、どうしても受け入れられない部分があるとか、言動が気になるなどの根本的なきちんとした理由があって、それが改善されなければ別れなければならないと考え続けていて、何かのきっかけがあった時に別れを切り出すというパターンです。
この場合は衝動的に口から別れの言葉が出るということはありませんから、もうすでに気持ちが固まっていることが多く、別れたくない側がどんなに引き止めても無駄なことが多いでしょう。

自分の恋人が別れようかどうか迷っているのかどうか、見極めるためにはどうしたらよいのでしょうか。
みられるサインの一つとしては、あまり質問してこなくなるという傾向があります。 人は自分が興味を持っていることや興味を持っている人、愛情の対象となっている人に対してはたくさん質問して相手のことを理解しようとします。
相手に関しての情報をより多く得たいと思うのです。
ですが、 別れようかどうしようかと思っているような心の状態の時には、相手の関心が薄くなっているのは事実でしょう。
まだ別れていない状況でも少しずつ気持ちが冷めて離れていっている状態ですから、相手に関してこれ以上の情報を取り入れようという意欲がなくなって来ている可能性があります。 恋人が自分の意見をあまり聞いてこなかったり、質問してこなかったり、話を聞く素振りが少なくなってきたと感じるのであれば、もしかしたら恋人は別れを考えているのかもしれません。

まとめ

ここまでで、恋愛が終わる時のサインとはどんなものなのかについてご紹介してきました。

連絡の取り方が変わること、次のデートの約束をしたがらないこと、あまり質問してこなくなることなどのサインが見られた時には恋人との関係において少し見直す時間を取った方が良いかもしれません。

早く気づけばそれだけ修復も可能かもしれませんし、相手は自分の不満に気づいてほしいだけなのかもしれません。
恋人との関係を上手に保ち続けるために大切なのは、相手が発しているサインに敏感であること、相手の変化に機敏に反応することなのかもしれません。

▲TOPへ