恋人同士の関係を強める3つの魔法の言葉とは?

付き合い始めのカップルでも、付き合いが長いカップルでも喧嘩したり、言い争いになってしまうことは度々あるものです。
また、些細なことで別れ話になったり、もう一緒にいられないと感じてしまうほどナイーブになることもあるでしょう。
いろんな問題を乗り越えて結婚までたどり着くカップルもいますが、どうしても修復できずに別れてしまうカップルもいます。

ですが自分が好きになった相手ですから、どんな人であっても 相手との関係を強めていきたいと願っているのではないでしょうか。
そうすることによって、一緒に長い時間を過ごすことができ、家族になれる可能性を高めていくことができるからです。

ではここから、そんな人たちに参考にしていただける、恋人同士の関係を強める三つの魔法の言葉について具体的にご紹介していきたいと思います。
今の恋人と長く付き合っていきたいと思っている方、恋人との関係を大切にしたいと思っている方には是非参考にしていただきたい情報です。


1.「ありがとう」

これは恋人同士ではなくてもとても大切な言葉ですが、特に自分が大切に思っている人との関係においては必要不可欠な言葉と言っても過言ではないでしょう。

相手に対して愛情があって、 大事に思っているのであれば自然に出てくる言葉かもしれませんが、一緒にいる期間が長くなったり、隣にいるのが当たり前になってくると忘れがちになる言葉でもあります。
ありがとうと言える状況は毎日数えるほどあるかもしれません。

根本的なところから言えば、自分と付き合ってくれてありがとうとも言えますし、自分のことを好きになってくれてありがとうとも言えます。
恋人が手料理を振る舞ってくれたり、自分のために何かプレゼントをしてくれたり、デートのプランを一生懸命考えてくれたり、自分の好きな話題を一生懸命考えて話を振ってくれたり、楽しく過ごせるように努力してくれているのを見ると、ありがとうという言葉は自然に出てくるはずです。

当たり前と思うとありがたくなくなるというのが人間の性ですから、この感謝の気持ちは自分で意識していなければなりません。

一緒にいる時間が長くなればなるほど、関係が深ければ深いほど、自分で意識して口にしなければなくならなくなるかもしれません。意識的にでも、ありがとうと口にすることは、二人にとって大きなメリットがあります。

ありがとうという言葉は魔法の言葉で、言われた相手に温かい気持ちを抱かせたり、もっと相手のために頑張ろうと言うやる気を起こさせたり、勇気づけたりする言葉です。
そして何よりもお互いに相手に関して感謝の気持ちを感じるきっかけの言葉にもなります。

二人の関係をどんどん強めていく上で、必要不可欠の言葉と言えるでしょう。


2.「好きだよ」

特に日本人の男性は、この言葉を口にするのが恥ずかしいという人が多いのではないでしょうか。

女性からしてみれば、この一言を言ってくれるだけで安心したり、全ての問題が解決したり、全ての疲れが吹っ飛んだりするほどの威力のある言葉なのですが、男性にとってはかなりの難題のようです。

これに関しては女性側が、言葉にしやすい雰囲気を作ってあげる協力も必要なのかもしれません。 どちらかと言うと女性の方がスムーズに口にできるのかもしれませんが、恋人から好きだよと言われて嫌な気持ちがする男性は100パーセントいないことでしょう。

はじめに女性側が口に出して気持ちを表現すると、それに答えるという形で相手の男性も言葉に出して表現しやすいかもしれません。
この気恥ずかしさは慣れてしまえば自然に消えていくものですから、まずは口に出すことに慣れなければなりません。

ですが人の中には、いつもいつも好きだよと言われるよりも、ここぞという時にだけ言ってくれた方が嬉しいとか、重みがあるとか、本音に聞こえるなどの意見もありますから、恋人の好みに合わせて口にする必要があるかもしれません。


3.「尊敬できる」

結婚している多くの夫婦が口にしていることですが、尊敬できない相手とは長い間一緒に過ごすことはできないというのが多くの人の意見です 。尊敬と言うと大げさかもしれませんが、自分が持っていない部分をパートナーが持ち合わせていて、すごいと感じたり、自分もそんなふうにできたらいいのにと羨ましく感じたり、見習いたいと 感じる感情、それが相手への尊敬です。

よく、ないものねだりという言葉を口にしますが、自分が持っていないものを持っている人、自分がなりたい性格の人、自分が憧れる要素を持ち合わせている人を人は尊敬します。

尊敬の気持ちは、相手の人への敬意と憧れに似た感情を生み出すので、悪感情を抱くことなく相手との良い関係を保ち続けることができます。 ですから、恋人同士の関係を強めるために、相手のことを尊敬しているという気持ちを口に出すようにしましょう。 できるなら具体的に取り上げる方が良いかもしれません。 例えば、人に優しくできるところを尊敬しているとか、物事をきっちりと組織して順序良く行っていけることを尊敬しているとか、努力家であることを尊敬しているとか、人間関係を上手にこなせるところを見習いたいと思っているなど、パートナーが努力していることや性格を具体的にあげると喜んでもらいやすくなるでしょう。尊敬の気持ちを口にすることは、相手に自分に対する尊敬の気持ちを抱かせるきっかけにもなりますから、お互いにとってメリットがあるのは確実です。


まとめ

ここまでで、恋人同士の関係を強める3つの魔法の言葉について具体的にご紹介させていただきました。

いつまでも仲良くいるためにそれぞれのカップルが様々な努力をしていることと思いますが、今回ご紹介した、ありがとうという言葉、好きだよという愛情表現、尊敬できるということを伝えることによって、パートナーとの間に強い信頼関係や愛情を培っていくことができます。是非参考にしてみてください。

▲TOPへ