女性の機嫌を損ねた時の3つの対処法とは?

せっかくのデート。ちょっとしたことで女性が機嫌を損ねてしまうことってありませんか?
「なんでそんなことで怒るの?」男性からすれば、困ってしまいます。
では、そんな機嫌の悪さを変えてしまう、3つの方法をみていきましょう。

共感する

付き合いが長くなったり、最初から波長が合わない相手とは、共感しあっていないことが多いです。
「なんでそんなこと言うんだろう?」自分は全く言わないようなことを言う相手には、共感をして相手の気持ちになりましょう。
恋人に限った話ではなく、交際クラブ・デートクラブを通してデートする時にも大事なポイントです。

共感の仕方は、相手がそれを言うことで、どうなりたいか?
を考えて、感じることです。

  • 人は、
  • 1.自分をわかってほしい。
  • 2.相手をわかりたいという気持ちがあります。

なので、まず人は自分を分かってくれる人に心を開きます。
ですが、分かってくれない人には心を開けないので、警戒したり壁を貼ったりします。
「自分を分かってくれる!」と思ってもらうには、相手のペースに合わせることです。

例えば、普段から愚痴をいう人は、愚痴を言い合うことで仲を深めるというパターンがあります。
なので、その愚痴を嫌がるより、その気持ちを分かってあげるようにしましょう。

例えば、普段から明るいキャラで振舞っている人は、一緒にいるとだんだん疲れてくるかもしれません。
そうやって明るく周りを元気にしようと思っているので、そういう人にはいつも笑顔で接してあげましょう。

すると、最初は自分も嫌だと思ってやっていたことも、
相手がだんだんと変わっていくので、自分の気持ちも楽になります。
これは、仲良しの人や、いつも一緒にいる家族をみるとわかります。

最初は人に気を使っている人も、慣れて安心できる相手になると、
ほとんど話さないでもリラックスできたり、
話したいときに話したいことを話せますよね。
それと同じで、人といるとリラックスの自分と状態が変わる人は、安心して自分を出せていないのです。

なので、共感=相手に安心させることになります。
機嫌が悪い時、安心できていないことは明らかですよね。
なので、共感できると機嫌が良くなっていきます。

笑いに持っていく

わざとらしい笑いや、自分にとって都合のいい笑いはダメですが、
その場の空気を和ませる笑いは、相手の気持ちを楽にします。
相手が怒っているときは、真面目な顔して相手が笑いそうなことを言ったり、
自分が怒っている時はそのまま面白いことを言ったりすると、良い形で笑いが広がります。

機嫌が悪い時、相手は自分のネガティブな気持ちに意識が向きすぎているので、
その意識を楽しい方へ変えて、バランスをとってあげることになります。
ただ、その機嫌が悪い原因があなたであれば、
「めんどくさいから笑いを取ろう」とかでやってしまうと、相手の機嫌が余計に悪くなる可能性があります。

笑いに持っていくポイントに気をつけたい方法ですが、
上手に使えると喧嘩をすること自体が減っていくカップルになることができます。
なぜなら、今まで深刻に考えていたことが、
あなたといることで深刻な問題じゃなくなっていくので、相手にとって大切な存在になるでしょう。

笑いを取ることは単純に見えて奥が深いことなのです。

相手のイメージを変える

相手の気持ちを変えることは、意外に簡単です。
それは、相手のイメージを変えること。
例えば、優しい相手を想像したら、優しい気持ちになりませんか?
それと同じで、人間のイメージと気持ちはセットになっているのです。

相手の機嫌が悪い時、相手は機嫌が悪くなる状況をイメージしています。
なので、そのイメージを変える方法を考えましょう。
それは、デートコースを帰ることなのか、
話す内容を変えることなのか、あなたの接し方を変えることなのか、色々あります。

一番簡単で自然に相手の気持ちを変える方法は、場所を変えることです。
人は、場所に対して違うイメージを持っているので、
相手が好きな場所に連れていくと、すぐに気持ちが変わるでしょう。

それでも変わらない時は、
よっぽど他のことに機嫌を悪くしているので、さらに別な要素も変えていきます。
すると、きっとすぐに相手の気持ちが変わります。
子供の機嫌も、場所やゲームを変えるだけですぐに変わることをみれば分かりますよね。

これらの方法を使えば、どんな人の気持ちも分かってあげて、変えてあげることができます。
ただ、それをどんな理由で使うのかによって、相手に自分の気持ちが伝わります。

これらのテクニックは、自分の都合が良くなるために使うこともできますが、
それだと相手は「利用されてる」「言いくるめられてる」などと思い、いつまでも機嫌が変わらないでしょう。

繰り返しになりますが、上記に上げたことは交際クラブ・デートクラブでも大事なことです。
社会人としても大事なことなので、常に冷静になれるように意識しましょう。
そもそもこれを使うあなたが使える人間かどうかが大事です。
もし、相手のためを思って使うなら、相手の機嫌が良くなり、さらにいい関係になりますが、
自分のためを思って使うと、相手の機嫌は良くならないばかりか、悪化することもあります。

相手の機嫌は自分次第ともいえますね。

▲TOPへ