男女共に使える!出会って3回目で告白を成功させる方法

人の印象は、知り合ってから3回までに決まると言われています。
デートも、同じように3回までが勝負です。
その3回で、好きな人を自分のものにできるかが決まるのです。
交際クラブ・デートクラブに登録されてる方の中でもそう思われる方もいらっしゃるでしょう。
出会って3回目までに告白を成功させる方法について紹介します。

1. 出会って3回で印象が決まるワケは?

1回目…第一印象
2回目…第一印象の再判定
3回目…人柄の確認と定着

人の印象は恋愛感情に関わらず、第一印象でおおよそが決まります。
初対面で大体の印象が決まります。
2回目は、第一印象の再判定を行います。
。 2回目に会ったとき、第一印象を大きく覆すような出来事があれば、第一印象を変えることがまだ可能です。
3回目に会うときは、印象の確認になります。
3回会えば、相手が自分に持つイメージはほとんど決まったも同然。
3回目までに印象が悪かったら、それ以降に覆すのは難しくなります。。

2. 行為はどんどん伝えなければ損!

恥ずかしがったり、素直になれなかったり、自分の気持を素直に態度に表せない人は多いもの。
しかし、それは非常にもったいなく、残念なことです。
出会ってから3回目までは、思っているよりも早く過ぎます。
次につなげるためにも、好意は積極的に見せなければなりません。
自分に対して好意を持ってくれている異性のことを自然に好きになるという好意の返報性があるからです。
好意をもらったら、お返ししたくなる心理があるのです。
絶対にそうなるとは言い切れませんが、しっかり態度に示せば、恋愛が成就する可能性は大きくアップします。
ただし、これは「態度」で示すことがポイント。
好きという言葉を口にするのは早いでしょう。
出会って間もないのに、すぐ告白されたのなら不審に思われます。
好意を態度には出しても、口に出さないように気を付けましょう。

3. 相手をさりげなく褒める!

人は褒められると自己是認欲求が満たされて、幸福感がアップします。
これは恋愛にも活用できるテクニックです。
相手をさりげなく褒めて、相手の気持ちを癒し、幸福感を与えれます。
褒めるだけでなく、名前を意識して呼ぶ、気にかけるような言動をするなど、 よくあるアプローチ方法は「自己是認欲求」を刺激しているのです。
相手の存在を「認めている」とアピールをするだけでも、好意が相手に伝わります。
小さなことでも褒めて「見ていたんだ」「知ってくれていたんだ」と、気付いてもらうのが重要なポイントです。
相手を認めて、自分も相手に認めてもらう・・・Win-Winの関係となります。

4.3回目までが勝負だけど、焦りは見せないで

3回目までに、どれだけ自分の印象を強く、よく見せるかは大事です。
しかし、そのために焦ったり、空回りしたりすることも多いので注意が必要です。

・空気をしっかり読む
・相手の反応
・距離が縮まっているかどうか

これらは常に心に置いておきましょう。
心理的な法則にのっとったアプローチでも、ダメなときはダメです。
空回りした他人の行動は見ている方も恥ずかしいので、マイナスイメージになります。
相手の反応や距離感をしっかり見極めて、暴走しないように気を付けましょう。
3回会ってダメだったら終わりではありません。
3回目までにしっかりアプローチしていたほうが効果的というだけです。
告白も3回目にすべきというわけではなく、3回目までは気を抜かないように接すればよいのです。

4. 出会って3か月以内が最も付き合いやすい!

実は、出会って3か月以内に告白したカップルが最も多くいます。
出会って3か月以内に交際に発展するカップルは、全体の8割にも上ります。
ですから、出会って3回目で告白するのは無理でも、3か月以内と目標を決めて頑張ってみるのはどうでしょうか。
3か月というのは、ドキドキ感もあって、なおかつ落ち着いて相手を見極められるベストな期間なのです。
知り合って3か月以内に恋愛対象になれないと、恋人になる可能性は低くなります。
友達、職場の同僚など立ち位置が一度定着すると、それを覆すのは難しく、時間もかかります。

まとめ

いかがでしたか?
これを知っていると、大きく差が出るでしょう。
交際クラブ・デートクラブ、合コンや友人の紹介で知り合う異性に対して、 初対面の段階から順を追ってアプローチしていきましょう。
効果的な接し方やアピールの仕方も活用して、恋愛成就を目指してくださいね。

▲TOPへ