デートですると好感を持たれる男性のテクニック

あなたは普段どのようなデートをしていますか?
友達や仕事仲間だった人と付き合うことになり、デートしたなら、ある程度関係ができているため、いきなりのデートでもうまくいくでしょう。
ですが、いきなり交際クラブなどを利用してデートをするようになっても、なかなかうまくいきません。
今回は交際クラブのデートで気をつけるべきテクニックを、すぐ実践できるものから紹介します。

1 ゆっくり歩く

まずデートにおいて気をつけるべきポイントは歩くスピードです。
男性は女性より歩くスピードが速い人が多く、何も気にしていないと、男性側が先を歩くようになります。
これは女性にとっては非常に不快であり、ないがしろにされているように感じます。
女性はデートのとき、ヒールのある靴を履いてくる人も多いはずです。
そんなとき、相手の男性がペースを気にせずに歩かれれば、女性は付いていくだけで疲れてしまいます。
転んで怪我などすればデートは台無しになってしまいます。
なので、初デートなら歩くスピードは速くないか聞き、女性の歩くペースに合わせましょう。
これができるかどうかでデートの雰囲気も変わってきます。

2 自分の話をした後に質問をする

次に気をつけるべきポイントは会話の仕方と内容です。
デートで好きな女性と話すとなると、緊張して何を話したらいいか解らなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。
特に初デートでは沈黙が気まずかったり、変に気を使いすぎてしまうことなんてありませんか?
そんな時に気をつけるポイントとして、まずは自分のことを話して、それから相手に質問することです。
例えば、どんなスポーツが好きか、どんな映画をよく見るのか、など共通点を探しながら話すのがポイントです。
会話を広げるために、なるべく「はい」と「いいえ」で答えられない質問のほうがいいでしょう。
注意点ですが、自分の話ばかりしすぎるのはよくありません。
いいところをアピールしようとして自慢話をしたくなりますが、他人の自慢話を長く聞いていられる人は多くありません。
自分ばかり話をせず、相手にも話をさせてバランスをとるのが重要です。

3 会計時はなるべく男性が払う

三つ目につけるべきポイントとして食事での会計です。
例えば、男性が年上であれば、基本的には男性が払った方がいいでしょう。
しかし、女性によって自分が出したいと思っている人もいます。
払ってもらいたい人もいるので、どうすべきか話し合うのがベストです。
男性でも、毎回デートの食事代を払うのは大変な方も多いです。
そのあたりは、相手と上手く折り合いをつけるのが望ましいです。
お金は人によって価値観が大きく違います。
初めてのデートの場合は男性側が全部払えるか聞いて、彼女も払うと言ったら三割くらい負担してもらったり、 次は代わりに出してもらう約束をするのが良いのではないでしょうか。
女性の中には男性側が全て払うべきと考えている人もいれば、全て払ってもらうのは気が引ける人もいます。
何気なく話すのがベストです。

まとめ

今回は交際クラブのデートで好感を持たれるテクニックを紹介しました。
当然、緊張などでこれらができない人も多くいます。
お金の問題はそれぞれの経済状況によって大きく違ってくるので難しい部分です。
特別面白い事を言う必要はありませんが、楽しい会話を心がけましょう。
女性の事を気遣っているのが伝われば、失敗しても相手も理解してくれます。
まずは挑戦してはいかがでしょうか。

▲TOPへ