ダメ男にばかり惚れてしまうのには5つのワケがあった!

恋愛は精神的・肉体的・経済的に対等な関係であるのがベストです。
そう分かっていても、なぜか毎回ダメ男に惚れてしまう…。
このような失敗を繰り返すのは、時間を棒に振っているようなもの。
なぜダメ男にばかり惹かれてしまうのか、その原因は女性自身にあるかもしれません。
交際クラブなどで次こそいい恋愛をするためにも、そのワケを解明していきましょう。

1. 客観的な視点がない

毎回ダメ男に惚れてしまう女性は、客観的な視点を持っていない可能性があります。
そもそも、ダメ男と付き合っている自覚がない女性も多いです。
交際クラブなどで相手と出会ったとき、それから恋愛に発展したときなど、 様々なポイントで自分や相手を客観視する必要があります。
目の前のことに精一杯で、現在の行動を一歩引いた冷静な目で見れていないのです。
損得勘定がなく、素直な人とも言えますが、同じ失敗を繰り返す大きな原因でもあります

2. 衝動的・情熱的

客観的視点とも通じる部分がありますが、「衝動的」「情熱的」という一面をもった女性も ダメ男にはまりやすい傾向にあります。
相手に一度興味を覚えると、それをどんどん追求したくなってしまうのです。
交際クラブなどにもいる変わった職業の男性や、独特の雰囲気を持っている男性などに、 全貌がまだ見えないうちから、相手にハマってしまうということ。
冷静に判断すること、警戒するような気持ちがあまりないタイプの女性です。
もちろん、情熱的なことや衝動的・直感的に行動するのも時にはプラスになります。
ダメ男に引っかかりやすい自覚を持っているなら、気持ちや行動にセーブする必要があるでしょう。

3. 他人の感情に左右されやすい

女性がダメ男に引っかかってしまう理由は、結局は優しいからです。
お金がなくて困っていたら助けてあげたい、さみしい思いをしていたら慰めてあげたい、 そんな母性本能や包容力のある女性は素晴らしいですよね。
しかし、他人の感情に左右されてその力を発揮してしまうからいけないのです。
自分自身がそうしてあげたい、というよりも「同情」が強いのです。

・かわいそう
・心配
・自分に何かできることはないか?

他人に対して、すぐにこのような感情を持ってしまう人は要注意。
頼まれたら断れない人、押しに弱い人なども、このタイプの女性です。
とにかく優しく、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先してしまうパターンになります。
優しいことのはいいですが、それが原因で自分自身が傷付くような恋愛に発展するケースは多いです。

4. 環境に順応しようとする

その場の環境に馴染もうとする人は、ダメ男に引っかかりやすいです。
これも長所と短所が紙一重で、とても微妙ですね。
協調性を大事にする人、自分の意見をはっきり述べられない性格の女性に当てはまります。
自分の要望を通すことよりも、誰かの意見に賛同する方が「楽」と感じる人は多いのでは。
このようなタイプの女性は恋愛においても同じような行動をします。

・「相手が好きだと言ってくれたから、付き合う」
・「私が側にいた方が、彼にとってよさそう」
・「紹介してくれた人がお似合いだというから、付き合う」

自分主体ではなく相手や周囲の人が主体となる恋愛をしている人もいます。
これでは、自分ばかり我慢することになっても不思議はありません。
環境に馴染むことは必要ですが、1対1の恋愛では順応することだけが大切ではありません。
お互いの主張をお互いが譲り合って認められるような関係を築くことが大事です。

5.「でも」「だって」が多い女性

ダメ男に引っかかりやすい女性は、周囲の意見を聞き入れない頑固な面を持っている人が多いです。
友人や家族に恋人のダメさについて相談を持ち掛けますが、相手から彼を否定されるのを嫌います。

「でも、いいところもある。」
「だって、優しいときもあるから。」

など、「でも」「だって」を使って返答する確率が高いです。
周囲の意見を素直に聞き入れ、自分の恋愛を客観視できていたのなら、ダメ男との恋愛を繰り返さないでしょう。
客観的な視点がない、という項目もあったように「第3者からの客観的意見」をもう少し素直に聞き入れましょう。
その助言に対して前向きに考えてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?
必ずしもパターン化できるわけではありませんが、ダメ男に引っかかったことがある場合、 当てはまる項目が1つ2つはあったのではないでしょうか。
ダメ男に引っかかってしまう女性の多くは、経済的に自立していて優しい女性です。
長所も使い方によっては短所になってしまうことがあります。
仕事ができるしっかり者の女性が、恋愛になると急に不器用になってしまうケースは多いもの。
自分の恋愛パターンを見つめなおして、改善していきましょう!

▲TOPへ