再婚のハードルは高い!?バツイチ子持ちの彼氏との付き合い方

日本は3人のうち1人が離婚していると言います。交際クラブ・デートクラブで出会った彼氏がバツイチでも不思議ではありません。
彼に子どもがいる場合、子どもと会う際に前妻とも会う機会が出てきます。
子どもを前妻が育てているとなら、養育費を支払っているため、彼と結婚すれば家計に影響が出てきます。
彼が子どもを育てている場合は、子どもとの相性もあるでしょう。
結婚する前に、バツイチ子持ちの彼氏との付き合い方について考えてみましょう。

結婚の確認

バツイチ男性は、次の結婚では失敗したくない……と思っています。
これがプラスに出るか、マイナスに出るかで違ってくるでしょう。
プラスに出た場合は、前の結婚の反省を活かして幸せな結婚生活をおくれるかもしれません。
バツイチ男性と付き合うと結婚まで時間がかかり、適齢期の女性だと婚期を逃すおそれもあります。
結婚の確認をする必要があるでしょう。

離婚の原因

離婚の原因によっては、次の結婚でもその原因を繰り返す可能性があります。
浮気やDVが原因で離婚している場合、次の交際相手も同様の被害を受ける確率はかなり高いです。
いい人そうに見えても、結婚後に豹変することもあります。
相手がバツイチだったなら、離婚の原因について調べた方がいいでしょう。
できれば、前妻に会って話を聞いてください。
彼から聞いていた話と大きく違っていることもあります。
離婚は片方だけに原因があることは少ないため、双方に話を聞いてみないとわからないからです。

前妻との比較

いい意味でも悪い意味でも、前妻と比較されます。
「前妻はこうだった」と比較されて、前妻以上に努力しなければいけなくなる場合もあります。
ですが、前妻と比較されてほめられるのも微妙ではないでしょうか?
現在の妻として、前妻の話など聞きたくないし、比較されたくありません。
男性が離婚によって傷を受けている場合、「前妻は、実に嫌な女だった……」とグチを聞くこともあります。
彼の過去を丸ごと受けとめる度量がないと、結婚生活はいいものにはならないでしょう。

子どもの存在

彼の子どもの存在についても、気になるのではないでしょうか?
子どもに罪はないと思っても、「子どもさえいなかったら……」と、思ってしまうこともあるでしょう。
子どもを彼自身が育てている場合、その子どもとの相性も関わってきます。
相性が合わない場合、彼の子どもに結婚を反対されることもあります。
子どもをほしがっているかどうかも確認しておきましょう。
「もう、子どもはほしくない……」と思っている場合、子どもが持てなくなります。
たとえ子どもが望めなくても、それを問題にしないくらい強い愛情がないと、結婚後に後悔します。

家族の反対

バツイチ子持ちの彼氏と付き合うと、家族の反対にあうかもしれません。
親は、自分の娘には苦労をさせたくないと思っています。すんなりと賛成してはもらえないでしょう。
家族の反対を押し切ってでもその彼と結婚するのなら、かなりの覚悟が必要になります。
自分の家族を説得と、強い覚悟がなければバツイチ子持ち男性との結婚は難しいです。

バツイチ子持ちの彼氏と幸せになるには?

バツイチ子持ちの彼氏と結婚するには、反対する家族を説得や覚悟が必要になります。
なにより、彼の過去を受けとめられる度量が必要になるでしょう。
そして、バツイチの人は結婚に懲りている可能性もあります。
ハードルの高いバツイチ子持ち男性との結婚ですが、 いろんなマイナスポイントがあっても一緒に生きていきたいと思えるのなら決断しましょう。
昔に比べるとバツイチの人は増えて、バツニ、バツサンでもうまくやっている人もいます。
初婚同士でも、離婚するときは離婚します。
「バツイチだからうまくいかない……」というわけではありません。
人によっては、障害のある恋愛の方がモチベーションが上がる場合もあります。
ハードルが高いから乗り越えられないとは決まっていません。
「こんなに気の合う人とは、もう巡り合えないかもしれない……」と思えるなら、 高いハードルを乗り越えるために頑張ってみましょう。

▲TOPへ