自分と合わなかった相手との離れるときは

「別れ」を意識し始めた時

大好きでも、すれ違いや価値観の違いなどで「別れ」の文字がよぎることもあります。
でも長い付き合いで別れにくい、相手を傷つけたくないと切り出せない女性も多くいます。
今回は交際クラブでも応用できる彼氏と円満に別れるコツをご紹介します。

別れの理由は伝えるべき?

別れの理由をはっきりと言ってもらわないと納得できない人と、きっぱり言われて傷ついたと思う人がいます。
でも、うやむやにされてしまうのは未練が残ってしまう模様。
「あなたの〇〇なところが嫌い」「あなたは〇〇してくれない」と伝えると、相手も責められているように感じて、 良い気分ではありません。
「ずっと喧嘩が多くて、疲れてしまった」なら相手を傷つけることもありません。
たとえ喧嘩の理由が相手にあったとしても、もし、相手が弁解を始めてもぐっとこらえて反論しない方がスムーズです。

「好きな人ができた」は理由として適切?

「好きな人が出来た」と伝えればすんなり別れられる、と思っている人も多いです。
しかし、これは印象の悪い理由。
付き合っている最中に他の相手に気が移っていた=浮気されたと傷ついてしまう人や、 その相手と仲が悪くなれば復縁できると考えて、相手を攻撃する人もいます。
あくまで「あなたについていけない」と、原因は自分にあると伝えるのがポイントです。

納得いくまで話をしたい

自然消滅や音信不通になって別れるのは男性が最も嫌う別れ方のようです。
話し合いを避けたい思うかもしれません。ですが、お互いが納得のいくまでやり取りが必要です。
直接会うのが気まずければ、メールやLINEでも構いません。
一方的に連絡をストップさせてはいけません。
感情的に話すのもNG。
泣いたり怒ったりすると、相手も感情的になりやすくなります。
感情的になれば、トラブルも起こりやすくなります。
最後まで冷静に話し合いましょう。

いつ言うべき?別れ話のタイミング

デート中に別れ話をするのはおすすめしません。
最後にいい思い出を作ってから、なんて思う人もいますが、それは自己満足です。
「今デートしてるのになぜ?」と混乱してしまうはず。
別れ話をするなら改めて別の日を設けて、その日に向けて連絡頻度を少なくしたり、 気持ちが下がっているそぶりを見せたりして、彼にも心構えを持ってもらった方がスムーズ。
相手が落ちこんでいたり、忙しくて疲れていたり、精神状態が不安定なときも控えたいところ。
きちんと話をきいてくれる状態で話しましょう。

直接会うべき?電話?メール?

電話やメールだけで済ませるのは失礼、と思う人もいます。
話しにくいかもしれませんが、直接会って話をする方が無難です。
どちらかの家で話すより、半個室があるカフェやレストランなど、人はいるけど、 プライベートな空間もある場所の方が冷静に話せます。
ただし、DVやモラハラ気質がある場合、あえて人目のある場所にしたり、友人をつれて話し合った方が良いかもしれません。

「ありがとう」の気持ちを伝えて

別れ話をしていると、どうしてもネガティブなムードになってしまいます。
特に別れを切り出された側は、色々言いたいことがあるはず。
でも「楽しい時間をありがとう」なんて言われると、いろいろ思い出されて素敵な人だったな、と思う男性が多いです。
楽しい時間を共有したのも事実。
気持ちを通わせ合ったのも事実。
暗いムードではなく、最後に感謝の気持ちを伝えて円満に別れましょう。

友だちに戻れる?

お互いが納得するなら、友だちに戻れます。
でも、別れてからは連絡を取りたくない、次に付き合った人の話を聞きたくない、 と友達に戻りたいとは思わない人も多くいます。
DVやモラハラ気質がある場合は、しつこくつきまとってくる可能性もあります。
そういう場合は、関係を断ち切るのは自分のため。
お互いに納得できるのなら、友達として別れた後も付き合いましょう。

別れを切り出す勇気を

別れを切り出すのは勇気が必要です。
でも、別れたいのにずるずると関係を続けていくのはいいことではありません。
勇気をもって別れた後、彼に費やしていた時間を使って勉強して資格をとれた!なんて女性もいます。
真剣に別れを考えているのであれば、勇気を出して別れを切り出し、交際クラブで新しいスタートに踏み切ってください。

▲TOPへ