草食系男子でも気づく「朝までいたい」アピールとは?

男性と夜のデートをしていい感じになったのに終電になる前に帰宅したなんて経験のある人もいるのではないでしょうか?
こちらとしては「今日はずっと一緒にいたかったのに」と思っちゃいますよね。
しかし、草食系男子には通用しない時があるんです。
実は交際クラブ・デートクラブに登録されている男性にも草食系系の方って割といらっしゃるんです。
初めてお会いした女性と楽しくお食事された後、誘いたいと思ってもできずにいる男性って実は少なくないんです。
そこで今回は草食系男子でも気づく「朝までいたい」アピールについて紹介していきます。

「デートの翌日は予定が入ってない」?

いきなりデートの終わり際に「明日は予定が無いの」なんて言われても、
男性は予定があるかもしれませんし、心の準備ができてないなんてこともあるんです。
特草食系男子の場合、いきなり朝までいたいというアピールをされても、断るケースがありますね。
そこでポイントなのが、デートよりも前の日に「デートの翌日は予定が無い」というニュアンスの言葉を伝えておくということなんです。
そうすれば、予めデートの翌日を空けてくれるかもしれませんし、
草食系男子でも「朝まで一緒にいたいというアピールなんだな」と気づいてくれる人もいるかもしれませんからね。
デート当日の雰囲が良かったら「朝まで一緒にいたい」とアピールしたい人には向いてない方法かもしれませんが、
確実に好きな男性と一夜を共にしたいという場合には、うってつけの方法といえるでしょう。
男性があまりに鈍い人やかなりの奥手な人の場合は、ストレートに伝えるに限ります。

「今日はとことん遊ぼう」

デート当日の最初の段階で「今日は帰る気がない」というのをアピールする手もありますね。
女性からすればストレートにはなかなか言えませんよね?
軽い女と思われる可能性もありますし、言う方も言われる方も照れちゃいます。
そこでおすすめなのが「今日はとことん遊ぼうね」という言葉ですね。
「今日はとことん遊ぼう」という言葉を伝えることで、「ずっと一緒にいていいんだ」と思ってくれますよ。
勇気があるのなら「今日は朝までとことん遊ぼうね」なんて言うのもいいかもしれません。
ただし、断られる可能性が無いという時に利用しましょうね。
相手にその気がなければ、「えっ。困るんだけど」と通用しない方法になってしまいます。
その場合は、残念ながら女性として見られてないということですね。

「終電がなくなっちゃった」と終電を逃す

最もベターな方法といえるのが、わざと終電を逃すという方法ですね。
終電さえ逃してしまえば帰ることができなくなり、自然と一緒に一夜を明かす可能性が高くなりますからね。
ても分かりやすい方法だと思いませんか?
恥ずかしがり屋な人でも利用できる方法なので試してみましょう。
終電を逃したのに置いてけぼりにされる場合は、男性は「あなたに興味が無い」と言ってるようなものなので、見切ることが大事ですよ。

お酒の力を借りてボディタッチをする

夜にデートをする時はお酒を飲む機会も多いですよね。
しらふの状態で朝までなんて言うのは恥ずかしいという人もいるのではないでしょうか?
そんな人こそ、お酒の力を借りちゃいましょう。
お酒の力を借りてしまえば、いつも以上に大胆な行動に出られますし、相手もお酒に酔っていれば応えてくれる可能性が高まるでしょう。
そして、酔った勢いで男性にボディタッチをしてみてはいかがでしょうか?
草食系男子でも本能がよみがえり、そのままホテルへなんてことになるかもしれませんよ。
ただし、本当に恋愛初心者の草食系男子には慎重に行った方がいいでしょう。
「尻軽な女なのかな?」と警戒されて、逆効果になってしまいますからね。

「帰り道が怖い」と言って一緒に帰るように仕向ける

草食系男子は女性をホテルに誘う勇気がありません。
であれば、こちらから仕掛けて自然と草食系男子に誘ってもらえるように仕向けるのが手っ取り早い方法でしょう。
まずは「帰り道が怖い」と伝えるのがいいですよね。
気になる女性に帰り道が怖いと言われたら、「守ってあげなきゃ」とも思いますしね。
帰り道が怖いと伝える→自宅まで送ってもらう→「送ってくれたお礼にお茶でもどうですか?」と自宅に誘う、
という流れで、朝まで一緒にいるチャンスを作ってみてください。
この方法を利用する場合は、あなたの自宅に招くことになるので、部屋は綺麗にしておきましょう。

「もう少し一緒にいたいな」とおねだりする

草食系男子とのデートが盛り上がり、終電が近づいた時に利用できるのが「もう少し一緒にいたいな」という言葉ですね。
事実上の告白みたいになりますが、お互いに好意があるのであれば、「付き合ってください」という言葉もいらないでしょう。
あまり真剣に言うのではなく、さりげなく言うことで、草食系男子も嬉しい気持ちになるはずです。
交際クラブ・デートクラブの男性相手ならば、お食事のあと「もう少し一緒にいたいので、
落ち着いた場所に移動したい、2人きりになれる場所に行きたい」と言ってみてはいかがでしょうか?
デートが盛り上がってるのが条件なので、自分から進んでデートを盛り上げるようにしましょうね。
「もう少し一緒にいたい」と伝えても、「明日早いから」という理由で断られたら脈なしなので、その日は諦めるべきです。

まとめ

いかがでしたか?
草食系男子は自ら女性を誘うことに慣れていません。
そして、交際クラブ・デートクラブに登録されている男性なら皆が皆その気があれば声かけてくれる、という訳でもないのです。
ですのであなたから仕掛けることが重要になってきます。
上手くリードして草食系男子との夜を楽しんでくださいね。

▲TOPへ