恋が遠ざかったかも!?30代から気をつけたい恋愛の作法

30代からのその行動が恋愛を遠ざけてる!?

20代の頃と比べて、30代になったら恋愛が遠ざかった…という女性の方いませんか?
20代の頃は何もしなくても男性から声をかけてもらえて、、チヤホヤされることが多かったのに、 30代になってからあまりお誘いも受けなくなった…。
ただ年齢を重ねただけなのに、一体何が違うのがわからなくて不安になっていませんか?
自分では意識していないのに、恋を遠ざける言動を取っているかもしれません。
本記事では、交際クラブを利用する30代以降が気をつけたい、女性の言動をご紹介します。

その①:自分を自虐的に紹介していない?

30代になると、自分のまわりが結婚や出産をして落ち着きモードになってきますよね。
そんななか、自分だけまだ結婚していなかったら、「独身」である自分のことで、 「笑い」を取っていませんか?

・ 独身の寂しいアピール
・ 結婚できない理由を面白おかしく言う
・ 過去の恋愛の失敗を言う

など、自分のダメな部分で笑い取ろうとしていませんか…?
女性同士なら共感して楽しいのですが、男性がいる場所で自分の寂しさアピールやダメな部分を話していると、 聞いている方は「残念だな…」と思ってしまいます。
自分を卑下して会話をするのは楽しいし、楽です。
が、男性はそんな人を彼女にはしたくありません!
自分を卑下している!と思う方は、今日からやめるのをオススメします。
卑下するのは、女性同士の場だけにする。
独身の話で盛り上がっても、「楽しい」「自由」など、ポジティブな会話になるように意識しましょう。

その②:「結婚」を諦めているモードを出していない?

自分を卑下する以外にも注意したいのが、「結婚」を諦めているモードを出すこと!
例えば「仕事に集中したい」「自分一人用にマンション買った」「縛られるのは嫌」…など、 結婚する気がないのを出してしまうのはNG。
「元から結婚する気がないのかなー?」と男性側が思うと、誘うのも躊躇します。
声をかけにくいと判断するでしょう。
「自由な生活がいい」「仕事が趣味」などの発言は控えましょう。

その③:騒がしくなっていない?

飲み会などのとき、騒がしくなっていませんか?
20代の頃なら「かわいい」「無邪気」と思われますが、30代になって騒ぐのはみっともないです。
交際クラブを利用する30代は大人のオーラを意識しましょう。
普段から言動など、「子どもっぽいなー」と感じさせないように心がけてください。
早口で話さない、大声で笑わない、無茶な要望を言わない、などが大事です。

その④:条件が高すぎていない?

恋愛や結婚に対して相手への条件が高いことはありませんか?

・ 年収1000万以上
・ 高身長、イケメン
・ 優しい、男らしい…

など、相手に求めるばかりになっていませんか?
「好みのタイプは?」と聞かれて正直に全部話してしまうと、男性には引かれてしまいます。
自分の理想が高すぎると、あなたのことを狙っていた人がいたとしても、 俺には釣り合わない…」と諦められてしまうでしょう。
相手に求めすぎないよう「優しい人」「仕事がんばっている人」などの答えをしておくのが無難です。

その⑤:20代の頃と同じファッション、メイクをしていない?

30代になったら、年齢に相応しい、落ち着いたファッションを心がけることをオススメします。
20代の頃と同じような、メイク、髪型、服装をしていませんか?
年齢に相応しくない格好だと、「幼い…」という印象を与えてしまいます。
30代になったら、落ち着いた色のヘアカラー、TPOに合った服装を心がけることが大事です。
それをするだけで、キレイな人だなーと思ってもらえる可能性が大きくなります

30代になったら「大人」で勝負しよう!

30代になっても、まだ若い!という気持ちになりますよね!
しかし、20代から見ると、30代はしっかりした大人である、という印象を持ちます。
同年代の男性からも、30代は仕事もプライベートも一段上に行きたい!という気持ちが多いでしょう。
いつまでも20代の頃のままの格好でいたり、年齢に対して自虐的になるのはもったいないです!
恋愛が遠ざかってしまった…と感じる女性の皆さん!自分の言動を振り返ってみませんか?
もしかするとまわりから「残念!」と思われる行動を取っているかもしれませんよ。

▲TOPへ