恋人たちが守らなければならないスマートフォンのマナー

なんで自分が恋愛ブスなのか悩んでいる人たちも結構多いのではないでしょうか。
理由を改善すれば、いまよりは間違いなく魅力的な女性になることができます。
まずは、恋愛マナーを学んでください。
交際クラブ・デートクラブで必須条件とも言えます。

恋愛ブスとは

せっかく、上手く恋愛までこぎつけたというのに、おつきあいベタという人たちがいます。
デートというものは、やっぱり魅力が演出されなければならない舞台です。
そのような舞台で、あなたは、みすみすマナー違反を起こしていないでしょうか。

デートしている時、スマートフォンはマナーモード?

スマホに出て、カラオケのリモコンで殴られたという事件もありましたが、デートのシーンにおいても、スマートフォンが影響を受けるシーンは多々あります。
デートでいい気分だったのに、スマホがなって、電話に出て、楽しく会話をしている様子を相手に見せてしまったら、間違いなくデートは中断し、いい雰囲気は一度消滅してしまうでしょう。

今、スマートフォンが登場して、スマホが鳴ったら出るべきものと、相手もしっかり理解してくれていると思ったら大きな間違いです。
デートをしている訳ですから、二人だけの世界を演出するためには、映画館の中のようにスマホをマナーモードにしておくべきでしょう。

事前にスマホをいじる事情を話す

しかし、時として、スマホがあれば、仕事の電話が入るということも想定しなければならないことがあります。
そのようなときは、あらかじめ、 「ごめん、今日は仕事の連絡が入るかも」ということを話しておけばいいのではないでしょうか。
そうすることで、相手はよりあなたに対して、親密感を感じるでしょう。

それは、相手は、スマホの向こうの相手にもある程度想像することが出来、相手の日常生活まで膨らんだイメージを持つことが出来るためです。
スマホでイライラしてしまうのは、誰と話しをしているか判らないことであり、向こうに、相手の知らない日常生活があると思えば、デートで距離が疎遠になってしまう感じがあります。
デートには、抜け道を作ることが禁物なのです。

ちょっとトイレへ行ってくるから、これ持ってて

スマホ繋がりのお話しをすれば、「ちょっとトイレへ行ってくるから、これ持ってて」と、
スマホや、鞄、クルマのキーなど、男性に預ければ、それだけ二人の関係は、共通しない日常生活も巻きこんで、膨らみを持つことになります。

着信のときは席を外す

着信のときは席を外すことがマナーという人たちがいます。
しかし、それを許していれば、想像以上、席を話す機会も増えてて、二人の関係はどんどん冷めて行ってしまうことになります。
スマホのマナーとして、着信のときは席を外すというのは正しい行為とされていますが、デートでは、そんなにチョロチョロと席を話す行為はして欲しくないので間違いです。

だからと言って、スマホが鳴って、その場で誰か判らない相手と話しをしているのもイライラ感が募るばかりですし、やはり、スマホは鳴らないに越したことはありません。

スマホで写真も問題?

いま、やたらと、スマホで写真を撮ろうという傾向が高いですが、デートのシーンで、あれこれ写真撮影するのは正しい姿勢でしょうか。
実際に、SNSばやりなので、男性が大いに受けいれている場合もありますので、難しい問題ですが、出来る限り男性の行動に同調するようにしましょう。

男性が、スマホであれこれ写真を写さないようなら、撮りたいと思っても控えるべきです。
写真を撮りたい派と、そうではない派と分かれるようです。とにかく、写真ならいつでも撮れる環境にある訳ですから、撮らない理由というものも存在してしまっています。
いちいち写真を撮る女性をウザいと思っている可能性も充分にあります。

写真を撮るのもいいですが、その行為は、実際のデートを、写真に記録を残すたけの材料化してないでしょうか。

更に、求めていないのに、勝手に男性の写真をバシャバシャと撮られてしまったら、写真嫌いの男性は、怒り出すかもしれません。
デートで写真を撮りたい気持ちも非常によくわかりますが、あまりにも現代社会の人たちは、写真を遊び道具にし過ぎていることはないでしょうか。

そして、それほど大事ではないことを記録化することで、どんどん古い記録が消去されることになります。
昔の人たちは写真は、思い出の一枚としてもっと大事にしていた傾向があります。
二人の関係も、水のような記録として流れ去ってしまわなければいいのですが。

求めているマナーは昔から変わらない

スマホは現代社会において、とても強力な武器です。スマホがあれば、待ち合わせの場所で、会えないということもありません。
しかし、スマートフォンを持っているから、当たり前に遅刻をして、電話してくる人たちがいます。電話してくるよりは、遅刻しないことが大事ではないでしょうか。

そして、「どこにいるの?」と電話してくる人たちがいますが、まずは、自分の目で探すことがマナーです。
スマートフォンは、ひょっとしたら、恋人たちを繋げる手段ではなくて、恋人たちの距離を作る方法かもしれません。

交際クラブ・デートクラブという場では、一回の行動によりその後、その男性との道が閉ざされることが簡単に起きてしまうという事を忘れないでください。

▲TOPへ