お見合いをすることで得られる5つのメリットとは?

交際クラブ・デートクラブでは、自分の親・親戚や会社の上司から、
お見合いの話をされたことがあるという人は多いという話を聞きます。
お見合いの話を持ち掛けられたことで、
周りの人が自分の将来のことを気に掛けてくれていることに嬉しさを感じるとは思いますが、
気が進まずに悩んでしまうことでしょう。
お見合いに対して悪いイメージを持ってしまう気持ちは分かりますが、
お見合いだからこそ得られるメリットが多数あることを知っておくことが出来れば、
少しは前向きに考えることが出来るようになるかもしれません。
これからお見合いをすることで得られる5つのメリットについて紹介していきますので、
お見合いが思っていたほど悪いことでは無いということに気付くようになりますよ。

結婚をするまでの期間が短い

お見合いをすることで得られるメリットとして挙げられるのが、
知り合ってから結婚をするまでの期間が短いことです。
お見合いというのは結婚を目的としているわけですから、
お互いに結婚をしても良い相手だと思ったらすぐに入籍を済ませることになります。
もし、女性の中でどうしても子供が欲しくて出産の適齢期であるうちに子供を産みたいと思っているのであれば、
恋愛を経てから結婚をするよりもお見合いをした方が早いかもしれません。
結婚を前提としている以上、上手く行けばとんとん拍子に話が進んでいくようになりますよ。

断ることも可能である

お見合いをしてみて、相手のことが気に入らなければ縁が無かったということで断ることも可能となっています。
お見合いをした時点で強制的に結婚をしなければいけないという決まりは無いですので、
価値観が合わないと思ったのであれば、
断りの連絡を入れた方がお互いにとって時間を無駄にしなくて済むようになります。
もし、相手に対して直接言いづらいのであれば、
間に立ってくれた世話人に断りの連絡を入れてもらうようお願いをすることで言い訳を上手く考えてくれることでしょう。
時間を無駄にしない為にも、結婚をするべき相手では無いと判断したらすぐに断りの連絡を入れましょう。

事前に相手の顔や経歴が分かる

相手に会う前にお互いの顔や経歴が分かることに関してはお見合いの良い所だと言えます。
事前に相手の容姿や経歴を把握しておくことで、
お見合いの最中に話題を振りやすくなりますし、
前もって聞きたいことをじっくりと考えることも出来ます。
ただ、自分の経歴に嘘を付いている可能性もありますので、
話をしながら相手の様子を伺うようにした方が良いでしょう。
相手の容姿や経歴に納得が出来ないのであれば、
無理に会う必要は無いということを覚えておきましょう。

結婚後は新鮮な気持ちを維持できる

お見合いをした後にお互いのことを気に入れば結婚をすることになりますが、
その後の生活は新鮮さで溢れることになります。
相手のことを知る期間が短かった以上、
結婚後の生活を通してお互いのことを知ることになっていきますので、
意外な一面を見つける度に楽しいと感じるようになるでしょう。
ただ、相手のことを深く知っていくことで、
良い部分だけでなく悪い部分も知ることになりますので、
相手がどんなに良い人であったとしても悪い部分は必ずあると思っておいた方が良いでしょう。

一対一でゆっくりと話が出来る

お見合いの良い所は、一対一でゆっくりと話が出来る部分です。
合コンと違って、他の異性が一緒にいるわけではありませんので、
お見合いをしている最中は相手の人だけに集中することが出来ます。
初対面の相手と時間を取ってじっくりと話をすることが出来れば、
その日のうちに相手の性格が分かるようになってくるでしょう。
相手に対して興味を持つことは大事なことですが、
相手も同じ気持ちでいると思いますので、
一方的に質問攻めにするようなことはせず相手の話にも耳を傾けてあげましょう。

まとめ

ここまでお見合いをすることで得られる5つのメリットについて紹介してきましたが、
結婚を目的としている以上、
知り合ってから結婚までの期間は恋愛結婚の場合に比べて短いことが特徴となっています。
結婚までの期間が短いということは、
お互いのことを深く知る時間が圧倒的に足りないということでもありますが、
慣れ親しんだ相手ではないからこそ結婚後の生活は新鮮さで溢れるようになります。
また、お見合いをする前に相手の顔やプロフィールが分かりますので、
気に入らなければその時点で断ることも出来ますし、
実際に会ってからも価値観が違うようであれば世話人を通して断ってもらうことも出来ます。
合コンと違って他の異性が一緒にいるわけではありませんので、
時間が許す限り相手の人だけに集中することが出来ます。
お見合いをしてみて、相手のことをもっと知りたいと思ったのであれば、
相手との結婚を考えてみても良いのではないでしょうか?

▲TOPへ