風邪を引いたとき、恋人に気にかけてもらうとうれしいことは?

寒い季節になると、風邪やインフルエンザにかかる人が増えます。交際クラブを利用しているかたも具合が悪くなったりしていませんか?
恋人の体調が悪いときに連絡がなかったり、気遣いが足りなかったりすると別れにつながる場合があり、注意が必要です。
風邪をひいたとき、恋人に気にかけてもらうとうれしいことは何でしょうか?
「これはやめてほしい!」と思うことについてもあげておきます。

恋人に気にかけてほしいこと:会いに来てくれる

やはり様子を見に来てくれるというのが、なによりうれしいようです。
メールや電話だけで心配されるより、「心配だから来ちゃった!」というのが心に響きます。
会いに来たからといって何ができるわけでもありませんが、病気になったときは心細いものです。
好きな人がそばにいたら、それだけで安心できるでしょう。

恋人に気にかけてほしいこと:好物を買ってくる

お見舞いの品として、好物を買ってきてくれるのもありがたいです
ゼリーやプリン、アイスクリームなど、風邪をひいたときに食べたいものは人によって異なります。
熱があれば、買い物に出られません。食欲が出たときのために、いろいろ届けてあげると喜ばれます。

恋人に気にかけてほしいこと:料理をしてくれる

病気のときに、料理を作ってもらえると感動的です。
おかゆや雑炊など簡単なもので構いません。
おかゆも食べれそうでないのなら、野菜スープやとん汁などもいいでしょう。
レモンにハチミツをたらしたドリンク、卵酒なども、風邪を引いたときの定番です。

恋人に気にかけてほしいこと:部屋を片付けてくれる

風邪をひいていると、部屋の掃除はしていられないでしょう。
掃除までは必要なくとも、簡単に片付けてあげると喜ばれます。
一人暮らしの男性の場合は、ゴミが部屋の中に転がっていることがあります。 風邪をひいていたのなら、それらも捨ててあげましょう。

恋人に気にかけてほしいこと:必要なものを買っておいてくれる

風邪をひいたとき、スポーツドリンクやテイッシュペーパーなど、常に必要になるものを買ってくれる人は気がききます。
風邪を引いたときはテイッシュペーパーは必需品です。一箱や二箱はすぐになくなります。 それに気づいたら、予備を買ってあげましょう。

これはやめてほしい!:食べたくない食べ物

風邪をひいたときは、食欲がないことも多々あります。
「栄養をつけないとダメ!」と言って、普段どおりの食事を食べさせようとするのは迷惑です。
風邪をひいていると、食べたいものが普段と違う場合も多いです。
「風邪のときは、ゼリーかプリン」と自分では思っていても、相手が好きではないことがあります。
「風邪のときはアイスクリームが食べたい!」と思うのはあなただけかもしれません。
相手に食べたいものをたずねてから購入しましょう。

これはやめてほしい!:余計なお節介

「風邪を引いてたいへんでしょう」と家に押しかけ、頼んでもいない部屋の掃除や洗濯などをすると、 迷惑になる場合があります。
寝ているそばで掃除機をかけられたり、洗濯機を回されたりすると、ゆっくり寝ていられません。
風邪をひいたとき、恋人にしてほしいことは人によって異なります。なにかするときは必ず相手に確認してから行いましょう。

  • これはやめてほしい!:人がいると休めない
  • 病気のときにつきっきりで看病してほしい男性もいますが、人がそばにいると休めない神経質な人もいます。
    家に行く場合、相手の性格を考えてからにしましょう。
    神経質なタイプだったのなら、早々に帰った方がいいです。

  • もしも、インフルエンザにかかったら・・・
  • インフルエンザは風邪と違って症状が重く、感染力も強いので、会いに行くのは控えましょう。
    うつるおそれがあります。
    お見舞いは症状が軽くなってから、出歩けるようになってからでも構いません。
    サポートするにしても、メールや電話で励ます程度で大丈夫です。
    看病をするときは何がしてほしいのかを聞いてから行いましょう。

    ▲TOPへ