彼とのケンカを防ぎたい!仲直りするには?

交際クラブで知り合った彼との関係を長続きさせたいなら、できるだけケンカをしないようにしましょう。
些細でもケンカが別れのきっかけになります。ケンカが多いようなら、別れるのは時間の問題です。
「ケンカするほど仲がいい」というのは、ケンカするごとにお互いの理解が深まることです。
それには、二人の間でルールを決めておくのも、いい方法と言えるでしょう。
彼とのケンカを防ぐ方法、仲直りする方法を提案します。

彼とのケンカを防ぐ方法:言葉を選んで話す

二人の間でケンカになりそうな言葉は、だいたいわかります。
付き合いはじめの頃は、どこで相手が怒るかわかりません。意外なことでケンカになったりします。
付き合いが長くなるにつれて、だんだん相手の怒るポイントがわかるようになり、ケンカも少なくなっていきます。 言ってはいけない言葉は、
「別れよう」
「付き合わなければ良かった……」
などです。その場の勢いで、別れの言葉を口に出してはいけません。
「別れよう」はもちろん、「付き合わなければ良かった」というセリフも、あとになって取り返しがつきません。 フォローのしようがない言葉です。
普段から他人を怒らせる言葉遣いをする人がいます。言葉は慎重に選んで話しましょう。
普段から友人や家族を怒らせるクセがある場合は、相手を選んで話をしないと、ケンカが増えるおそれがあります。

彼とのケンカを防ぐ方法:すぐにその場を離れる

ケンカになりそうだったら、すぐにその場を離れましょう。
一緒にいると、言わなくてもいいことまで口にして、さらに深刻になる恐れがあります。 ケンカのきっかけはつまらないことだったのに、ケンカが大きくなってしまった経験はありませんか? 一言多いタイプは要注意です。
すぐにその場を離れると冷静になれます。喧嘩を大きくさせないためにも、一度距離を取ってください。

彼とのケンカを防ぐ方法:翌日まで持ち越さない

ケンカはその場で終わりにし、翌日に持ち越さないことが大切です。
一晩寝たら忘れるよう心がけ、ケンカの原因をむし返さないことです。
「きのうのことだけど……」と続けてしまうと、嫌な感情が思い出されます。
無理に謝る必要はありません。最低限の会話をすれば、いつも通りの二人に戻れるはずです。

彼とのケンカを防ぐ方法:相手を不必要に傷つけない

ケンカになると、自分の正当性を主張し、相手を傷つけるのが目的になることがあります。
そんな言葉はケンカがおさまった後でも禍根を残します。
言った側は忘れたとしても、言われた側はいつまでも覚えていることがあるようです。
「ずっと昔に言われたことが、今だに忘れられない……」ということもあります。
言葉が残るものだと、意識して口にしましょう。

彼とのケンカを防ぐ方法:ケンカのルールを二人で決める

「ケンカしそうになったら、すぐにその場を離れること」というように、二人の間でケンカのルールを決めても、 関係悪化を回避できるでしょう。
口をきかなくなるタイプの人には、「挨拶ぐらいは普通にすること」を前もって決めておきます。
意地を張るのはよくありません。
実際には、お互いの性格や感情がありますから、ケンカを引きずることもあるかと思います。
前もってルールを決めておけば、線引きができます。
大事なのは、二人で十分に話し合って解決方法を見つけ出すことです。

ケンカした後に仲直りする方法

ケンカをしてしまった後に仲直りする方法として、「ごめんね」と謝ったり、「言いすぎた……」と言葉を撤回があります。
いつも片方ばかり謝っていたり、ケンカをするとカッとなって言いすぎるタイプの人は注意が必要です。
仲直りしたい気持ちが先立つと、二人の間の大きな問題を見過ごしてしまうこともあります。
冷静になったときによく話し合った方がいいでしょう。
自分が悪くないなら謝る必要はありません。
言いすぎたと思ったら、次からは言いすぎないように気をつけましょう。
一番いいのは、ケンカをした後も普通に接することです。
ケンカの原因になった話題はむし返さず、普通の会話をしてください。
お互い、心の底から仲直りしたいと思っていれば、自然に会話できるようになります。
仲直りできないかもしれないと心配になるのは、相手に対して疑いがあるせいです。
信頼が足りていない証拠です。
二人の間に信頼関係が築ける頃には、ケンカの回数も少なくなっているでしょう。
交際クラブで知り合った二人がそんな関係になるのは大変かもしれません。
がんばりましょう。

▲TOPへ