今日から出来る女子力UPの方法

女子力が低すぎ、女子力を上げたいと思い悩んでいる女性はたくさんいます。
確かに女子力が高い女性は、男性から見れば魅力的です。
一体何をどうしたら女子力って上げられるのでしょうか?
そんな悩みをおもちかもしれませんが、難しく考える必要はありません。
ここでは、今日からできる女子力をUPする方法をご紹介していきます。
交際クラブで素敵な男性に気に入ってもらえるよう、自分磨きの一環として、女子力向上を目指しましょう。

レベル1 [言葉遣いを女性らしくする]

普段、友だちと話しているとき、
「あれじゃね?」
「うるせーわ!」
のように男性寄りの言葉遣いになっていませんか?
内輪で集まっているときに出てしまいがちですが、普段の言葉遣いは大切な時にこそ出てしまいます。
無理に女性らしい言葉を使うとわざとらしくなりますが、男言葉をやめるだけでも印象は大きく変わります。
女性が男言葉を使うのが好きじゃない男性は多くいます。
少しずつでもいいので、男言葉は封印しましょう。

レベル2 [かわいいものやキレイなものを愛でる]

かわいらしい雑貨や小さな花など、かわいらいしものを見たり触れたりすると、気持ちが優しくなりますよね。
何とも言えない、ふんわりした気持ちが女子力です。
かわいいものに触れると、ゆとりができます。
ゆとりができると、まとう空気も自然とあたたかいものに変化します。
これこそが最強の女子力です。

レベル3 [女性らしいファッションを身に着けてみる]

ジーンズやスニーカーは動きやすくて最高ですよね。それだけで自分だけの個性を出せます。
たまにスカートやパンプスを履いて出かけてみませんか?
「ヒールなんて履いたこともないし、絶対にあわない」
と思っている方もいるかと思いますが、ヒールは女性の最大の武器なんです!
毎日でなくてもかまいません。
ジーンズスタイルの時にスニーカーではなく、ヒールを合わせてください。
それだけでも女性らしさを表現できます。
ジーンズとヒールに慣れてきたら、次はスカートとヒールにチャレンジしてみましょう。
スカートをはくと動きも小さくなるので、女性らしく見えます。
せっかく女性に生まれたのですから、女性にしかできないファッションを楽しみましょう。
この女性ならではものを楽しむ気持ちこそ、女子力UPの大切なカギなのです。

レベル4 [言葉やしぐさを女性らしく]

レベル1の男言葉を封印出来たら、次は女性らしい言葉遣いやしぐさに気を配ってみましょう。
女性らしい言葉遣いで話すと、動きやしぐさもしなやかになります。
特にしぐさは大切です。
女性らしいしぐさに男性はグッと惹かれます。
例えば、物を渡すときなど、両手をしっかり添えたり、髪を耳にかけてみたり、 足をそろえて座るなど、女子力UPチャンスはいくらでも転がっています。
そういう細かい部分を意識すると、女子力は一気に跳ね上がります。

レベル5 [女性ならではの教養を]

昔の女性は、料理・お裁縫が出来て当たり前でした。
現代でもそれを求める男性は多いです。
特に料理上手な女性は、男性から「女子力高いな」と思われます。
お菓子作りもポイント高いですね。
料理が得意ではないという方も、これを機にチャレンジしてはいかがでしょうか?
まず食器や調理器具をうんとかわいいものにするもいいですね。
エプロンもすると、さらに女子力UP!
お料理教室に通うのも、仲間も出来て楽しいかもしれません。
持ち物を変えてみるのもありです。
裁縫セットは女子力UPアイテムとして定番です。
絆創膏もさっと出すことができると◎。
折り畳み傘も持っているといいですね。
慌ててコンビニにビニール傘を買いに行くよりもずっとスマートです。

レベル6 [規則正しい生活を送る]

こんなことで?と思うかもしれませんが、とても大切なことです。
栄養が偏っていたり、睡眠不足では、便秘になり肌荒れも引き起こす原因になります。
肌が荒れていては化粧のノリは悪くなります。
不健康に見えていたのなら、せっかくのオシャレやしぐさも台無しです。 元気でいられないと、余裕がなくなり、怒りっぽくなったり、ネガティブになります。 そうならないためには、しっかり食べてしっかり寝て、健康的な毎日を送る必要があります。
適度に運動もできればより健康的ですね。
元気で健康的な笑顔でいると、誰からも好かれます。
笑顔は最上級の女子力と言っていいでしょう!! 笑顔がステキな女性になってください。

まとめ

いかがでしたか?
女子力UPの方法を紹介しましたが、どれもピンと来ない方は、女子力の高い女性と会ってみるのがいいでしょう。
そういった女性のまとう空気やしぐさを実際に肌で感じることで、気づけることがたくさんあります。
交際クラブでそういう男性との恋愛やパパ活したいのなら、これらを参考にして女子力向上を目指すのはいかがでしょうか。

▲TOPへ