彼氏が嫉妬深くて面倒くさい!どう対処したらいいの?

交際クラブ・デートクラブで出会ったお二人。うまくいっていますでしょうか。
彼女のことが大好きだからこそ、彼氏に嫉妬という感情は芽生えますが
、度が過ぎると面倒くさくなったり疲れたりしてしまいますよね。
いくらその根本に愛情があるとはいえ、
このままずっと嫉妬をされ続けるのかと想像すると、考えるだけで疲れてしまいます。
ここでは、嫉妬深い彼氏にありがちな言動やその対処法を紹介しています。

嫉妬深い彼氏にありがちな言動

実は嫉妬深い彼氏には共通点があったんです。
嫉妬深い彼氏をもつ彼女からしたら、身に覚えがあることが多いかもしれませんね。
ではでは、嫉妬深い彼氏にありがちな言動からみていきましょう。

①機嫌が悪くなる・拗ねる
嫉妬深い男性は、子どもっぽい行動をよくします。
少しでも自分の思い通りにならなかったり、気に入らないことがあると、機嫌が悪くなったり拗ねたりします。

拗ねることで彼女の気を引き、構ってもらうのを待っているんですね。
子どもっぽいので、感情の起伏が激しいのも特徴です。
彼女は、日々ご機嫌取りに忙しいですね。

②携帯電話を見たがる
浮気チェックが主な目的ですが、彼女のすべてを知りたがります。
誰と電話して誰とlineしているのかなどもチェックしたいのです。

どんなにやましいことがなくても、携帯電話を他人に見られるのは誰でも嫌ですよね。
しかし、嫉妬深い彼氏はどうしても浮気が心配なので、携帯チェックを断ったら浮気確定と思ってしまうかも…。

③アポなしで家に来る
嫉妬深い彼氏は何の連絡もしないで家に突然訪ねてくることもあります。
携帯電話のチェックと同じ心理かもしれませんが、実際に彼女が何をしているのかを確認したいからです。

もちろん、一緒にいたいからという事もあると思いますが、
「他の予定があるから」と断ってしまえば、いじけるのは目に見えていますね。
酷い時は、「もしかして男か!」と疑われることも考えられます。

④彼女にも嫉妬してほしいアピールをする
嫉妬深い彼氏は、彼女にも同じように嫉妬してほしいので、
他の女性と仲良くしているところをアピールしてくることもあります。

そこで彼女が嫉妬してくれれば彼氏は大満足!ご機嫌この上ないでしょう(笑)
しかし、彼女が嫉妬しなければ、アピールはさらに強烈になってくるかも…。面倒くさいことこの上ない特徴です。

嫉妬深い彼氏のオススメの対処法

嫉妬深い彼氏とこれからも付き合っていきたいと考えるなら、
こちらもそれなりに対処法を身につけておいた方がいいですね。

■好きだとちゃんと伝える
嫉妬深い彼氏はとにかく心配症で不安症です。
なので、彼女の方から「好きだよ」「一番大切だよ」と伝えてあげることが得策です。

彼女からしたら、「一緒にいるんだから好きに決まってるでしょ!」
と思ってしまうかもしれませんが、嫉妬深い彼氏には言葉で伝えてあげることが重要。

そうすることで、「自分は愛されている。必要とされている。」
と安心できれば、過度の嫉妬もなくなるかもしれません。

自分ではちょっと大げさと思えるくらいで表現するのがオススメです。

■連絡をまめに取る
連絡がないと嫉妬深い彼氏は不安になり、嫉妬心が芽生えやすいです。
なので、時間の許す限りこまめに連絡を取ってあげるようにしましょう。

事前に連絡が取れない時間帯がわかっている場合は、
「これから会議だから終わったら連絡するね」「もう寝るから起きたら電話するね」 など伝えておくのもいいですね。

■たくさん褒める
だれでも褒められると嬉しいですよね。
嫉妬しやすい人は自信がないことが要因としてあるので、たくさん褒めてあげましょう。

大好きな彼女から褒められたら、彼氏はこの上なく嬉しいでしょう。
自信もつき、プライドも守られますね。

どんなちいさなことでも構いません。
買い物の荷物の重たい方を持ってくれたり、車道側を歩いてくれたなど、どんどん褒めましょう。

■友だちや家族に紹介する
友だちや家族に紹介されたら、真剣に思ってくれているんだなと実感しますよね。
自分の大切な友だちや家族に紹介するという事は、未来を描くこともできますね。
嫉妬深い彼氏にとって、友だちや家族に紹介されるという事は、公認されたも同然なので自信にもつながります。

■我慢できないと感じたら別れる
どんなにこちら側が努力しても変わらない彼氏に疲れきってしまったら、別れを考える選択肢も。

悲しい結末ですが、一方だけが我慢したまま付き合ってしまうのはいつかは限界が来てしまいます。
好きという気持ちで乗り越えられなくなったらどうしようもありません。

まとめ

嫉妬深い彼氏とこれからも付き合っていこうと考えているのであれば、
彼の嫉妬深さをどうにかしようとするのではなく、こちらが嫉妬されにくいように気を配るのが得策といえます。

彼に変わってほしいと思う気持ちもわかりますが、自分が変わった方が早いことが多いです(笑)

嫉妬深い彼氏に疲れきってしまう前に、いろいろな対策法を実践してみましょう。
しかし、せっかくセレブを捕まえたのにともったいぶるのは後々大変なことになってしまうので、無理禁物です。

▲TOPへ