恋人同士のように腕を組んで歩くことも

交際クラブ・デートクラブの紹介で来てくれた女性は、知り合ってまだ3時間くらいです。
ですから当然のことなのですが、それ以前はまったくの赤の他人ということですよ。
それがもう会って3時間くらいで、恋人同士のように腕を組んで歩いているのですから驚きです。
それもこれも交際クラブ・デートクラブの力と考えていいのかもしれませんね。

経験則でいったらこのままどこに行くのも自由です。
二人きりになれるところに行くのもいいですし、洒落たバーに行くのもいいでしょう。
交際クラブ・デートクラブというと大人の社交場というようなイメージですが、そこまでカッコイイものではないかもしれません。
それでも、どのようなシチュエーションも可能ですから、高級ホテルのレストランで初顔合わせをして、というのもいいでしょう。
交際クラブですからね。最初からがつがつしなくても問題ありません。

男性側がよくても女性側がダメな場合

女性から、この人とつきあえないと思うと食事でも会話でもどこかよそよそしい態度になりますし、
「今日は食事が終わったら帰らないと…」というようなことを言ってくると脈無しと考えていいでしょう。
次のアポイントが取れたら多少は違うのですけど、これも人によって感じ方が違ってきます。
ですから、交際クラブはそんな駆け引きが楽しくもあるのです。

女性の出方をうかがう

それと、これは人によって違いがあると思いますが、交際クラブ・デートクラブでは慎重に女性の出方も気にしなくてはいけません。
交際クラブでは会話で相手の女性と探り合いになることも多いのです。

「今日はまだ大丈夫?」と聞いても「大丈夫ですよ」という答えが返っていても、それがどこまでが大丈夫なのかわからないこともあります。
交際クラブでは、男性と女性の気持ちが一致していないとそこからのつきあいが発展しないこともよくあるのです。
その点、流行りのパパ活でしたら、お互いの気持ちがある程度は決まっているのでそれほど悩むことはないでしょう。

女性側の態度でこれからのことを推し量る

女性と食事をして、外をブラブラと歩きます。
食事中の会話でもこれからどうしようか、といった会話はしないものです。
聞いてもいいのですが、すでに今日は何時でも、みたいな会話は女性のほうからも食事の前にありましたからね。

「それじゃ出ようか…」でとりあえず外に出ます。
そこでも女性の態度でこれからのことを推し量らなくてはいけないのです。
交際クラブですから結局は目的は男女の関係です。

とはいって男性と女性ではそこまでの気持ちの持っていき方が違うことでしょう。
女性はもっと違う部分で男性を求めているのかもしれないからです。
それでもその過程に中で男女の関係も有りと考えているはずですから、
考えとして合致すればそのまま、二人きりになれるところ…というのも当然有りでしょう。

面倒だけど面白いのは駆け引きがあるから

数時間前までは見ず知らずの赤の他人どうしだった二人です。
その二人が、腕を組んで歩いているのですから、周りからみたらとても仲の良いカップルに見えることでしょう。
肩を寄せ合いながら歩いているのですから、これからホテルにでも行くのでは?と考えることでしょう。

というのも方向が都内でも有数のホテル街だからですね。
別に「これからホテルに行こうか?」とも聞いてもいないですし、承諾を得ているわけでもありません。
男女の関係は面倒だけど面白いと思うのはどこで女性に仕掛けるかってことなのです。
ですからこの女性に対してのアプローチとしては特に事前に決めるものではなくて流れに任せよてしまうほうがいいです。

そのときも普通の会話をしながらホテル街に自然と足が向くという流れでもいいでしょう。
目当てのホテルの前で「入ってもいい?」ということで女性の返事を待つのです。
コクっと頷いてくれるとそのままホテルの門を入っていくということですね。

交際クラブ・デートクラブなんだから最初から出来レースのように思っている人もいると思いますが、
自由恋愛ですからダメなときは断られてしまうのです。

入会時に面接があります

このように読んでいくといかに交際クラブ・デートクラブが魅力的であるかお判りでしょうか。
交際クラブに登録している人はどんな感じの人が多いのか気になる人も少なくないでしょう。

はっきりしていることは交際クラブでは男性側の財力が問われるということです。
裏を返せばお金さえ出せば男性はどのような職業でもかまわないということになりますが、
ある程度の地位や素養がないと女性にすぐにばれてしまいますから、お金だけではない何かも男性には必要になるのです。
それを如実に表しているのが面接ですね。
交際クラブでは入会時に面接があるのです。

これも個人情報で怖いといえば怖いのですが、逸れにプラスして年収や所属先、そして簡単な動機なども面接の際に聞かれます。
交際クラブ・デートクラブの売りが身元のしっかりとした財力のある男性ということですから、面接も当然なのです。

▲TOPへ