女性を上手に褒める!男性必見の「褒め技」実践で意中の相手と結ばれよう!

理想の女性とカップルになりたいと考えている交際クラブ・デートクラブの男性は多いはずです。
友達の紹介、会社の同僚、お見合いでのご紹介、合コンや婚活パーティー、 交際クラブ・デートクラブなどの「出会いの場」などで、初対面の異性に猛アタックを仕掛けることもあるでしょう。
その結果、他の男性に意中の女性を奪われてしまったこともありませんか。
でも、自分に魅力がないからと落ち込むのはまだ早いです。
ライバルに負けてしまったのでは、自分の魅力をライバルよりうまく伝えられなかったこともあります。
女性の心をくすぐる「褒め方」が出来なかったことが大きな原因でもあるのです。
褒められて気を悪くする人はいません。 褒めてくれた人に好感を抱くのは当然です。
女性に好印象を持ってもらえる「褒め技」をいくつかご紹介します。

1.「具体的に褒める」こと

女性を褒めるのは誰もが知っている恋愛テクニックの1つです。
でも、なかなかできないため、理想の女性と恋愛関係に発展しません。
その原因は、褒めるべき部分がずれているからです。 外見よりも内面を褒めること、「目がかわいいね」など、特定の部分を具体的に褒めた方がいい、 など褒めるテクニックは多数あります。
それが出来ていないと、女性の心をつかめないでしょう。
女性が髪を切った時など、変化に気付いて褒められる男は好感度が高いです。
褒め上手になるには、その人のいいところを見つけて褒める必要があります。
例えば、仕事を頑張っている女性には「仕事頑張ってるね」と褒めるのがいいでしょう。
ただし、褒め方がお世辞に聞こえないようにしてください。とってつけた褒め方は相手には嫌みのにとらえられます。
初対面の人を褒める場合、今まで出会った人の中で…と付けると印象がよくなります。

2.「自然に褒める」こと

女性を褒める方法にはいろいろあります。
ですが、ただ褒めるだけでは「お世辞」と思われてしまいます。
褒め過ぎたり、わざとらしかったりすると駄目です。
自分に好印象を抱いていない女性を褒めても「気持ち悪い」と思われてしまうだけで嫌がられます。
褒めるのは大切ですが、むやみに褒めちぎっても逆効果です。
初対面の女性の場合、ひたすら褒めるだけの会話ではなく、会話そのものを楽しませるのを意識してください。
褒めるのは単体で使う恋愛テクニックではありません。
女性を楽しませるなど、他の恋愛スキルもあってはじめて効果が出ます。
例えば、次の会話を考えてみましょう。

男性「料理に興味がありますか」
女性「趣味でクッキングスクールに通っています」
男性「今日の料理はどう思いますか」
女性「私よりは上手な料理だとは思います」
男性「料理の違いが分かるなんて、すごいです。僕にはできませんから」

この会話のポイントは一番最後の「僕にはできませんから」です。
料理がうまいことについては、簡単に褒められます。
本当に褒めるというのは、相手が自分にない能力を尊敬しているかです。
この会話では、最後に「僕にはできませんから」と謙遜して、自分にはできないことが出来るあなたはすごいですねと、 褒めています。
これが「自然に褒める」テクニッです。

3.「持ち物をさりげなく褒める」こと

女性はファッションにこだわっている人が多いです。
ですから、持ち物に気付いて、さりげなく褒めるのも効果があります。
この時、「いいバッグですね」と「いいシャネルですね」どちらがいい褒め方でしょうか?
答えは「いいバッグですね」、の褒める方です。
会話を継続させるのなら、いいバッグですねと褒めることで、 相手に「これはシャネルのバッグなんですよ」と話をさせるためです。
「いいシャネルですね」と褒めてしまうと、ブランドを褒めているのか、 シャネルのバッグを身につけている女性を褒めているのか、よくわかりません。
女性によっては機嫌を損ねてしまう可能性があります。
このパターンの応用として「バッグの使いこなしが素敵ですね」と褒めると、 バッグを使いこなしている女性も褒めることが出来ます。
ブランドにこだわっている女性には、こういった褒め方をした方が効果があるでしょう。

▲TOPへ