事前リサーチ不要!交際当初に贈る「重たくならない」プレゼント

  • 付き合い始めの時期に、女性にプレゼントをするのであれは、どんな物がいいのだろう?
    そんなことで悩む男性陣に、今回は、付き合い始めでも「重くならない」プレゼントをご紹介します。
    交際クラブで女性にプレゼントするものはやっぱり男性のステータスに見合うものを求められるでしょうが、 変化球にここで紹介しているようなプレゼントも将来的にプレゼントする選択肢になるかもしれませんね。
    女性が男性からもらって嬉しいプレゼントは、いつの時代もさほど変わりません。
    また、当たり前ですが女性の職業や性格、好みによっても「重くなる」「重くならない」は違います。
    この「重くなる」「重くならない」の差は何か?という定義は、とても難しいものです。
    これは、自分が決めることではなく「相手が決めること」だからです。
    彼女を深くリサーチして、喜んでもらえるだろうと思い用意したはいいが、 裏目に出てしまったという経験があると、プレゼント自体が苦手になってしまいますよね。
    付き合い出した頃は、そこまで細かく相手のことを知らないだろうし、 自分のセンスにも自信が持てない!+お金もない!となると、一体何を贈ればよいのか。
    そんな悩める男性の助けとなる、彼女への調査不要の、喜ばれるプレゼントをチョイスしてみました。
    ですので、王道の「お花」や「アクセサリー」などは出てきません。
  • 女性が毎日使うもの
  • ポイントはやはり、日常的に使うものです。
    これは、男性でも贈られれば嬉しいですよね。
    女性が毎日使うものといえば、スキンケア用品やメイク用品。
    フレグランスなども挙げられますが、うーん。これは好みがありますし、男性が売り場に入るのも敷居が高く難しい。
    そこで注目したのが、エコ用品です。
    最近はエコブームにより「マイバック」や「マイボトル」が当たり前になりつつあります。
    スーパーでも、ビニール袋の有料化は始まっています。節約のためにお弁当を持参する人も多くなってきました。
    そこでおススメなのが「サブバック」です。
    最近では、男性も俗に言う「ランチバック」を持参して出勤する方もいるようです。
    とはいえ「サブバック」は、やはり女性に普及していて、持参率も高いのです。
  • サブバックとマイバックの役割
  • サブバックもマイバックも、どちらもエコ用品ですが、女性においてこの2つにはそれぞれの役割があります。
    まず、サブバックは、その名の通りメインバック以外に荷物を詰めて持ち運ぶもの。
    お弁当や水筒や、読みかけの本などを入れている方が多いと思われます。
    一方マイバックは、どちらかといえば「お買い物用」。
    エコバックとも呼ばれているように、小さく畳んで持ち運ぶものです。
    ですので、常に手にかけて持っているわけではありません。
    サブバックはメインバック同様、常に手にかけて持っているので、 できるだけ可愛いサブバックを持ちたいと思うのがオンナ心。
    最近では、サブに持つにはもったいないくらい、本当にかわいいものが売られていたり、 ] 時には非売品としてノベルティー賞品になることもあります。
    そして、メインバックと同じよう、常に持ち歩いていると、損耗も早くなります。
    つまり、複数所有していても全く問題なく、むしろ、複数持っているのが当たり前なくらい、 現在の女性には必須アイテムとなっています。
  • 入手場所は?
  • 日常的に使えるプレゼントとして、サブバックを贈ろうと思った時、困るのが入手手段です。
    女性が好むような可愛いものとなると、やはり女性が行くようなショップでしか買えないのかと思いますよね?
    現在は、男性でも女性でも入れるような、オシャレな雑貨屋さんが多くあります。
    また、大きなデパートの文房具売り場やギフト売り場などにも置いてあります。
    さらに、通販でも買うことができます。
    デザインもそうですが、サブバックは素材でもお値段が違ってきます。
    予算として3000円くらいを目安にしておけば、それなりの物が買えると思います。
  • もちろん、「エコバック」も喜ばれると思いますよ。
    サブバックほど出番はないかと思いますが、持っていて困るものではありません。
    小さく畳めるので、場所もとりません(笑)
    実際に、私は小さいエコバックをプレゼントしてもらったことがありますが、毎日使っていました。
    コンビニでお昼を調達するのですが、その際、コンビニの袋だと中が透けてしまいます。
    そこで、小さいエコバックに入れ替えて、職場まで持って行きました。
    これだと恥ずかしくなく、堂々と持って歩けます(笑)
    今考えると、エコバックは、大も小もほとんどがプレゼントでいただいたものでした。
    かなり使っていますし、使うたびに贈ってくれた方を思い出します。
  • 他に喜ばれるものは?
  • 付き合い始めに「重くならない」プレゼントとして、今回は「エコ用品」を挙げてきましたが、他にはどんなものがあるでしょうか。 サブバックやエコバックと関連して、エコ用品をもう一つ挙げるとすれば「マイボトル」があります。 「マイボトル」は、今や小学生でも持ち歩くくらい、かなりメジャーとなりました。 そのため、たくさんの種類が売られています。 そして、なぜか欲しい欲しいと思っていながらも、なかなか買うことができなかったりもします。 (実際に私がそうでした) マイボトルも、相場は3000円前後。 こちらも、日常的に使えるもので、ある意味消耗品でもありますから、いくつか持っていても困りません。
  • そして、最後に挙げるのは、タンブラー。 こちらも「エコ用品」であるには違いありませんが、「マイボトル」以上に多種多様なのがタンブラーです。
    特に、Starbucksのタンブラーはオシャレで人気があります。
    可愛いなと思いつつも、自分で買うことはほとんどないんですよね。不思議です(笑)(コレクターなら別ですが)
    私は女性からですが、実際にスタバのタンブラーをいただいたことがあります。
    女性からでもすごく嬉しかったですし、今も大切に使っています。
    このように、付き合い始めに「重くならない」プレゼントとは、年齢や性別関係なく、 誰にでも気軽に贈る事ができ、そして誰にでも喜ばれる物なのです。
    ここでご紹介した「エコ用品」は、人にも地球にも優しい、心温まるプレゼントとして喜ばれる事間違いなしです!