初デートで彼女に好印象を与えるには?

  • 初デートで失敗しないために・・・
  • 彼女と初めてのデートって緊張しますよね。
  • 「どんな服を着ていけばいいんだろう」
    「デート中、何を話して良いか分からない」
  • など彼女への想いが強いほど悩むもの。
    交際クラブ、デートクラブでのセッティングのあと、初デートで彼女に好印象を与え、 もっと先の関係へステップアップしたいと願う人は多いと思います。
    一体初デートで彼女に好印象を与えるには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。
    ポイントを5つほどご紹介したいと思います。
  •  デート前日に一言メッセージを送る?
  • 何事も事前準備は大切。
    デートの場合も、勝負は前日から始まっています。
    彼女に好印象を与えたいのであれば、前日の夜にラインで一言
  • 「明日会えるの、楽しみにしているね」
  • と送っておきましょう。
    「わざわざそんなこと送ると、女々しいって思われるんじゃないの?」 と心配になるかもしれませんですが、案外女性は前日に連絡がくるとうれしいと感じるものです。
  • 待ち合わせ時間は「5分前」に到着するように
  • 女性は待ち合わせ場所に到着したら、まずは一度髪の毛をセットし直したり、 口紅をもう一度塗ったり身だしなみの再チェックをしたいと思っている人が多いです。
    そのため集合時間の10分以上前には到着していることが多いのですが、 だからといって同じように10分以上前に到着するのはあまり良くありません。
    おそらくあなたの姿を見つけてしまうと、「待たすのは悪い」と思い、身だしなみのチェックができなくなってしまうからです。
    せっかく早めに到着してメイクや髪形を完璧に仕上げたかったのに…と彼女を悲しい気持にさせてしまいます。
    早く到着するのが絶対にダメというわけではありませんが、彼女をガッカリさせたくなければあまり早めに到着することはおすすめしません。
    だからといって遅刻はダメですよ。
    遅刻をしてしまうと「時間にルーズな人」だと思われ、信用を失ってしまいます。
    そのため理想は、集合時間の5分前に到着することです。
    5分前という時間は、早すぎず遅すぎないちょうど良い時間なので、彼女に「スマートな人」という印象を与えることができるでしょう。
  • 会話が続かないときは質問をする
  • 初めてのデートで一番不安なのが「会話が続かない」ことではないでしょうか。
    何を話して良いか分からず、気まずい沈黙が流れるという状況だけは避けたいですよね。
    かといって自分のことばかり話しても自慢っぽくなりそうで心配…。
    そんなときは、彼女に質問をしてみましょう。
  • 「その髪飾り、かわいいね。どこで買ったの?」
  • など、できれば彼女を褒めるようにして質問をしてみてください。
    きっと彼女はうれしそうに話をしてくれるはずです。
    それでも彼女が恥ずかしがり屋で、質問してもすぐ会話が途切れてしまうという場合は、無理に質問を続けないほうが良いかもしれません。
    沈黙が嫌だからと言って質問ばかりしていると、彼女に圧迫感を感じさせてしまう可能性があるからです。
    自分だって、次から次に質問されたら、まるで尋問を受けているような気分になってしまいますよね。
    あくまで自然な会話を意識して、ちょっと沈黙が多いかなと思った時に軽く質問をするくらいにしておきましょう。
  • 服装はシンプルに
  • 初デート当日、どんな服を着ていこうか迷ってしまう人は多いと思います。
    オシャレなことをアピールしたくて、あえて変わった柄の服をチョイスしたり、 スカーフを巻いてみたりする人もいるのですが、上手く使いこなせていなければかなりダサく見えてしまいます。
    メンズ雑誌のモデルさんと同じものを使ったからといって、同じようにおしゃれに見えるとは限らないのです。
    張り切って頑張ったのに、その結果彼女にドン引きされるとか絶対嫌ですよね。
    よっぽどオシャレやセンスに自信が無い限り、初デートで変わった柄の服を着たり、スカーフは使わないほうが良いでしょう。
    一番無難なのは無地で色も地味目なシンプルな服装。
    特別なものではなく、普段からきているようなジーパンにTシャツというラフな格好で良いのです。
    あまりにもボロボロだったり、汚い服はNGですが。
    それなりに清潔感がある服であれば、無理に新しい服を買う必要もありません。
    意外と派手に決めるよりも、地味目なコーディネートの方が好印象を与えやすいのです。
    地味すぎるのが心配であれば、ネックレスやベルト、ピアスなど小物でちょっと派手目な色を取り入れてみるのはいかがでしょうか。
    さりげなくセンスやオシャレ感をアピールすることができますよ。
  • 体調を気遣ってあげる
  • 女性の体は繊細で、1日の中でも体調は変わりやすいもの。
    最初に会った時は元気でも、途中でお腹が痛くなったり、頭が痛くなったりすることはよくあることです。
    特にデートの日に生理がきてしまった場合、立っているのさえきつくなってしまう場合もあります。
    しかし初デートの相手に対して「生理がしんどい」なんて恥ずかしくて言えないし、 デートの雰囲気を壊したくないため、少々体調がきつくても我慢している女性は多いものです。
    そんなとき
  • 「体調は大丈夫?」
    「ずっと立ったままできつくない?」
  • と一言をかけてもらえると、ものすごくうれしいと感じます。
    自分からは体調が悪いと言い出しにくけれど、相手から聞いてもらえれば「少ししんどいかも」と言いやすいからです。
  • おわりに
  • 交際クラブ、デートクラブでのセッティング後の初デートは緊張してしまうと思いますが、 今回お伝えした5つのポイントをしっかり守れば大丈夫です。
    彼女との初デート、楽しんできてくださいね。