比較メニュー

交際クラブ比較TIPS

Recommendation

出会いがないという前にやっておきたい6つのこと

  • 「出会いがない…」「いい人がいない!」誰もが一度は言ったことのがあるセリフですよね。
    そう嘆いてばかりでは、状況は何も変わりません。
    はっきり言えることがひとつ…。
    出会いはどこにでも転がっているわけはありません。
    ただ待っているだけで、理想の人と出会える確率は0%と言っていいでしょう!
    かと言って、何をどうしたらいいのかわからないという方も多いですよね。
    ここではそんな方にもすぐに始められることを5つに絞ってまとめてみました。
  • ① 「出会いがない」と嘆くのを止めてみる
  • そんなこと?と思いますが、本当に大切です。
    言葉にすることで自己暗示にかかっているのかもしれません。
    いつも、「お金がない、お金がない」と言っている人のところにお金は寄ってきません。
    お金は寂しがり屋さんという話もあるほどです。
    人との出会いも同じです。
    ネガティブなことを言っていると、出会いも寄ってきません。
    そう思っていると、いざ出会いの場に誘われても「どうせ行っても…」と消極的になってしまいます。
    相手にもネガティブな気持ちは確実に伝わってしまうので、ひとつひとつの出会いを大切にしましょう。
    空気や表情も変わってきます。
  • ②いい人なんていない
  • そもそもいい男ってどんな人ですか?
    イケメン、優しい、気遣いができる、私のしたいことを尊重してくれる、といった男性でしょうか。
    理想を持つのは大切ですが、上記のような条件をすべて併せ持っているフリーの男性はまずいません。
    いい男を探すより、自分に合う男性を見つける方が大切です。
    笑いのツボが一緒、話していると楽しいといった男性を探す方が恋に発展する可能性は高いです。
    普通の男性でも、自分にとっていい男ならそれで十分な訳です。
    趣味も話もあうけど、服装が好みじゃない…という人なら、あなたがスタイリングしてあげればいいのです。
    でも、その人の良いところを尊重するをの忘れないようにしてください。
  • ③出会いの場所や機会を自分で作る
  • 出会いがないと言っているだけでは、何も変わらず過ぎていきます。
    いつか自分に合う人が見つかると信じていても、仕事と家の往復だけでは出会う確率はかなり低いです。
    自分から行動することが大切です。
    外に出なくては始まりません。
    最近は朝活とよばれる出勤前に活動するスタイルもあります。
    気分が向いた時に1回だけ参加することも可能です。
    趣味のサークルなら話が合うでしょうし、盛り上がること間違いなしです。
    いきなり恋人を見つけようとせず、友だちを増やす感覚ではじめるといいでしょう。
    交友関係が広がると、人間的にも厚みがでます。そうなると、必然的に魅力もグッとUPします。
    年齢を重ねれば重ねるほど、誰かに頼るのではなく、自分から動くことが必要です。
  • ④自分の見た目を変化させてみる
  • 自分磨きをするのは確かに大切です。
    が、頑張っても結果がついてこないと次にいくパワーが貯まりません。
    なので、ちょっとだけ変化をつけてみるのです。
    暗から明へ、硬から柔へと印象を変えていくと男性の目を引きつけられるでしょう。
    思いがけない変化に自分の魅力を再発見できますよ。
  • ⑤女子会の1回を別な飲み会に
  • 気の合う女友だちとの飲み会はホントに楽しいですよね。
    愚痴を言い合っているだけでは、異性との出会いとは縁遠くなります。
    たとえば、女子会に2回参加したら、次の1回は異性がいる飲み会に参加するのはどうでしょうか?
    異性と時間を過ごせば、オフになりかかった恋愛モードをオンにできます。
    そうすることで、出会いの可能性もグッと上がります。
    異性の話題が上がれば次の女子会も盛り上がるでしょう!
  • ⑥ 思い切ってパパ活
  • 最近話題の、パパ活をしてみるのはどうでしょうか?
    パパ活をするなら交際クラブに登録がおすすめです。
    パパ活とは交際クラブなどを利用し、若い女性たちが社会的に成功した男性と肉体的な関係を持たずに交際することです。
    問題なく運営されている交際クラブであれば、登録している男性の身元もしっかりしているため、トラブルも起こりにくいです
  • まとめ
  • いかがでしたか?
    今回は大きく6つにわけて考えましたが、どれもすぐに始めることができますよね。
    頑張り過ぎるのはよくありません。
    少しずつでも意識してくと、必ず変わっていきます。