比較メニュー

交際クラブ比較TIPS

Recommendation

運営側の本音

  • ①本当に女性と会えるんですかって聞かれるんですけど・・・
  • この業界をご存知ない方は「この女性と本当に会えるんですか?」という質問をよく頂きます。
    本当に会えるんです。
    会えなきゃ商売にならないですよね!
  • ②入会時に気に入っていた女性に入会後セッティングを入れてもらえない・・・
  • 普通のクラブは登録女性が何百人といます。
    少ない人数で登録女性の管理、心情把握や在籍意思確認等を行うのは無理です。
    新規の男性が入会してもらった時に、クラブ側としては在籍していると考えている女性が、 いざセッティングの調整連絡をしようとすると音信不通になっているというのはよくあるケースです。
    女性の登録は通常無料ですので気軽に登録にきている女性も多く、 そういう女性は退会する時も連絡等なしに気軽に辞めていく女性も多いです。
    そのため、クラブ側としては日々たくさんの女性を登録するように努力をしています。
    あまり、この女性でなければダメ、という考えに固執しない方が楽しめるのではないでしょうか。
  • ③入会金の紹介料について
  • 入会金の大小は女性についての情報量と考えてよいでしょう。
    男性側の希望の交際スタイルに合うかどうかはクラブ側は把握してます。
    入会金が少ないコースはこの情報が一切無い、一方、入会金が高いコースは情報が充実している。
    つまり、交際に失敗が少ないということになります。
    一方、紹介料の大小は紹介する女性のレベルに比例していると考えてよいでしょう。
    ハイレベルな女性を紹介してもらうにはお金がかかるということですね。
  • ④入会してみると登録女性数が少ない・・・
  • 登録女性○千人というクラブがありますが、いざ登録してみると数百人というクラブはあります。
    延べ人数は○千人ですが、現在稼働できる人数は数百人ということなんですね。
    ただ、実際としては在籍人数は数百人程度がベストであり、在籍人数よりも月の入会数の方が重要です。
    なぜなら、数年前に登録した女性にはあまり意味を持たないからです。 やはり、2年前位に登録した女性までが女性の登録意思等含めて境界線くらいではないでしょうか。
    月入会が少なくとも30人以上で、常に数百人をキープしているクラブが、女性の旬という意味でも優良なのではないでしょうか。
  • ⑤クラブおすすめ女性には応じた方が吉
  • どのコースに入会するかにもよりますが、基本的にはクラブ側のオススメの女性だと色んな意味でハズレな可能性が低です。
    クラブ側としては男性会員に少しでも楽しんでもらい、次々とセッティングをしてもらうことを考えてます。
    まれに目先の利益に走ってどんでもない女性を高額なセッティング料で紹介してきますが、 そのようなクラブは今すぐ退会しましょう。
    また、よくいる男性会員のパターンとして、クラブがオススメではないと言っているにも関わらず、 自分のタイプだからという理由だけでセッティングをして、つまらない思いをしてクラブに文句を言ってくる方がいます。
    失敗をしないためにもクラブ側のアドバイスは真摯に聞いて頂いた方がいいかもしれません。
    だって皆さん紳士なんですから。
  • ⑥格安コースにはご注意
  • 高級店一般店に関わらす入会金2万程度の格安コースを設定してます。
    これは各社最低レベルのコースを設置することによって、安さに釣られた客を取りこぼさないようにしているためです。
    よって、格安コースには登録しているものの全くセッティングが入らないような女性しか在籍してないケースが多いです。
    どのクラブでもミドルクラスのコースからが検討の土台になります。 そもそも、格安コースしかない店は安くて良い女性がいるのでは?そんな疑問については次で解説します。
  • ⑦金は天下の回り物、女性は金の回り者!?
  • 女性がクラブに登録する理由は主に2つです。
    一つはおこづかい、もう一つは紳士との出会いです。
    せっかく登録するのだから、女性としてもより多くの紳士を紹介してもらい、より多くのおこづかいを得たいと思ってます。
    では、彼女達が数あるクラブを選ぶ際の思考パターンはどういったものになるでしょうか?
    それは、入会金の高いクラブ=経済的余裕のある紳士の集まるクラブ、という図式です。
    したがって、比較的入会金が高いクラブに女性が集まる→男性が集まる、という図式になります。
    もちろん、格安のクラブにも女性はしっかり在籍してますし、レベルの高い女性もいるでしょう。
    あくまでこのような傾向がある、ということです。